« 『さよならの次にくる 新学期編』 似鳥鶏 | トップページ | 『犯罪小説家』 雫井脩介 »

2014/03/01

『エコール・ド・パリ殺人事件』 深水黎一郎

芸術ミステリシリーズ第一弾。『ジークフリートの剣』の先読した際に探偵役を果たす瞬一郎のキャラクタが掴めず(というか、探偵役だと思わず)突然の登場に唖然としたわけですが、なるほど天才キャラだったのか大好物です。

本作で描かれているのはエコール・ド・パリと密室。しかも「読者への挑戦状」付きという本気さ。「読者への挑戦状」との出会いはいつだって気分を昂ぶらせますね。

エコール・ド・パリに関する蘊蓄はあっさりとしていて読み易い。しかも、蘊蓄の垂れ流しではなく事件を解き明かす鍵としてしっかり機能するのだから驚き。いや、それが当たり前なんですけど、そうじゃない(なくなっていった)某シリーズがね、あるんですよ()

我儘を言えば、作中に登場した絵画をカラーで添えて欲しかったかな。文字だけではイメージしずらい…というか、想像できてしまったら絵画の面目丸潰れですよ。エコール・ド・パリがどんな作風の一派なのか一言で語ることができないのならば尚更、コレクション・ダカツキの作品だけでも写真を挟んで欲しかったものです。

芸術ミステリシリーズは第二弾『トスカの接吻』の評判も高いので楽しみ。瞬一郎の厭味のない天才っぷりも好感が持てるし…『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!』からは想像もできなかった、当たりシリーズかもしれない。

|

« 『さよならの次にくる 新学期編』 似鳥鶏 | トップページ | 『犯罪小説家』 雫井脩介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/55194044

この記事へのトラックバック一覧です: 『エコール・ド・パリ殺人事件』 深水黎一郎:

« 『さよならの次にくる 新学期編』 似鳥鶏 | トップページ | 『犯罪小説家』 雫井脩介 »