« 『プラチナデータ』 東野圭吾 | トップページ | 『夜の国のクーパー』 伊坂幸太郎 »

2014/02/12

『六枚のとんかつ』 蘇部健一

ああ、くだらない。

この感想こそが本作に向けた最高の褒め言葉だと思う。そんなバカミス界のエースにして第3回メフィスト賞受賞作。

16のゆるーーーーーーーーーーーいショートミステリが集まった本作。保険調査員である小野由一が保険金を払わなくて済むように…もとい、保険金を払うにはちょっとすっきりしないのでその前に謎を解いておこうという体ですが、どれもこれもくだらない(笑)

個人的には「しおかぜ⑰号四十九分の壁」が好きです。ご丁寧に時刻表とか付いてますね、あらあら芸が細かいこと。

決して真剣に読んではいけない、真剣に読めば読むほど莫迦を見る、とにかくゆるーーーーーーい気持ちで、出来ることなら、ある程度歳をとってから読んだ方が良い一作。

とりあえず、『占星術殺人事件』は偉大です。

|

« 『プラチナデータ』 東野圭吾 | トップページ | 『夜の国のクーパー』 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54965691

この記事へのトラックバック一覧です: 『六枚のとんかつ』 蘇部健一:

« 『プラチナデータ』 東野圭吾 | トップページ | 『夜の国のクーパー』 伊坂幸太郎 »