« 『三匹のおっさん ふたたび』 有川浩 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 雫井脩介 »

2014/02/17

『ヒア・カムズ・ザ・サン』 有川浩

物に宿った想いを視ることのできる男、そんな大まかなあらすじ一つから生まれたふたつの物語。

個人的にはParallelの方が好きかな。父親の痛々しさが刺さる刺さる。昨日読んだばかりの『三匹のおっさん ふたたび』ではリアルすぎてちょっと…みたいなことを書きましたが、それは求めているものが違うってだけで、痛々しいものを痛々しく、ままならないものをままならないまま、正面から相手取る有川作品の男らしさが好きです。

それにしても真也のこの能力でもう少し作品が書けそうですよね。シリーズ化に期待。

|

« 『三匹のおっさん ふたたび』 有川浩 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 雫井脩介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/55029754

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒア・カムズ・ザ・サン』 有川浩:

» パラレルな2つのお話 [笑う社会人の生活]
小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」を読みました。 著者は 有川 浩 2つの中編 この2つが連作とも違く、パラレルで繋がっているという! 主人公の設定と冒頭部分が決まっている中での 言ってしまえば企画モノで 演劇集団キャラメルボックスで上演された舞台も関わっていた...... [続きを読む]

受信: 2015/03/29 11:29

« 『三匹のおっさん ふたたび』 有川浩 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 雫井脩介 »