« 『真夏の方程式』 東野圭吾 | トップページ | 『パダム・パダム Eの悲劇'80』 古野まほろ »

2014/01/29

『贖罪の奏鳴曲』 中山七里

『さよならドビュッシー』でおなじみ、岬洋介のパパが拝めると聞いて手に取った本作。なんと、岬パパが登場するのは続編の『追憶の夜想曲』の方でした\(^o^)/ でも、良いの。充分に楽しませてもらったから!

少年期に殺人を犯し、<死体配達人>とまで呼ばれた弁護士・御子柴礼司。ある雨の夜、御子柴は新たな死体をひとつ川に投げ捨てる。しかし、その死体の死亡推定時刻に御子柴は東京地裁で法廷に立っていたのだ。確固たるアリバイ、そして新たなる裁判、果たして事件の真相は?的なお話。最初100頁分くらいのネタバレも入ってるけど。

事件の真相については早々に見破れるかと。手掛かりは豊富…というか、明け透け。ただ、予想外だったのは御子柴のダークヒーローっぷり。御子柴を生き返らせたピアノの描写がまさに中山ワールドでしたが、それにしても少しドラマチック過ぎるでしょうか。いや、ドラマチックに生きようとしていた友の分まで、彼はドラマチックに贖罪を続けなくてはならないのか。

『追憶の夜想曲』がそのくらい続編なのかわかりませんが、これからも御子柴の贖罪を読み続けたい、そう思えるくらい魅力的なダークヒーローっぷりです。期待。

|

« 『真夏の方程式』 東野圭吾 | トップページ | 『パダム・パダム Eの悲劇'80』 古野まほろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54787784

この記事へのトラックバック一覧です: 『贖罪の奏鳴曲』 中山七里:

« 『真夏の方程式』 東野圭吾 | トップページ | 『パダム・パダム Eの悲劇'80』 古野まほろ »