« 『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ | トップページ | 『PK』 伊坂幸太郎 »

2014/01/03

『誰もが僕に『探偵』をやらせたがる』 白石かおる

『僕と『彼女』の首なし死体』に続く白石かおるシリーズの二作目、誰もが白石くんに探偵をやらせたがる短編が4作収録。

白石くん視点の地の文が今回もあちらこちらにジャンプを繰り返していて、嫌いじゃないけど読み難いのは相変わらず。それでも前作よりも些か読み易いのは短編だからでしょうか。あるいは白石くんや冴草室長が人間として丸くなったからか。

個人的にはほぼ表題作である「誰もが僕に探偵役をやらせたがる」が好みかな。某古典ミステリとトリックが同じだけれど、そこまでやる?という馬鹿らしさに一票。白石くんの格好良さが現れている作品ならば「僕は人の話を聞くのが嫌いではない」かな。人を呼び出すためにボヤ騒ぎを起こしてしまう白石くんの思考回路はちょっとどころでなく問題かと思いますが。

これからも冴草室長や店員さんが白石くんを立派な探偵にするべく謎を彼の元に持ち込み続けるだろうと思うので、きっと読めるだろう次回作にも期待。個人的には短編を願おう。

|

« 『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ | トップページ | 『PK』 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54482543

この記事へのトラックバック一覧です: 『誰もが僕に『探偵』をやらせたがる』 白石かおる:

« 『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ | トップページ | 『PK』 伊坂幸太郎 »