« 『天空高事件 放課後探偵とサツジン連鎖』 椙本孝思 | トップページ | 『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 »

2013/12/07

『いつまでもショパン』 中山七里

『さよならドビュッシー』『おやすみラフマニノフ』に続く岬洋介シリーズ第3弾。前2作に比べるとミステリ色は薄め、それでもシリーズで一番好きな作品になりました。

とりあえず、

岬洋介、ええ漢やわ!!!

キャラ萌え、キャラ読みで申し訳ないけれど、ピアニストとしての岬洋介にスポットを充てた本作、読み応えありました。ショパンコンクールに参加したピアニストの面々も個性豊かで好印象。カタカナ名前は覚えられないことで有名な私ですが、誰が誰だかしっかり認識できたもの。

もちろん、コンテスタントが“ピアニスト”と呼ばれるテロリスト…所謂“犯人”なのだろうと構えていたからというのもあるけれど。冒頭でミステリ色は薄めだと書きましたが、おざなりなわけではなく、しっかりと伏線を張って納得のいくレベルには仕上げてくれています。ただ、テロリストたるピアニストの動向よりも、コンテスタントたちの動向の方が気になるというだけで。

今回も岬洋介らしさを如何なく発揮し圧巻のステージを魅せてくれたわけですが、最後のノクターンにまつわるアレはちょっと寒い…もとい、やり過ぎ感があるような気がしないでもない。果たして、あんな風に一躍有名人になってしまった岬洋介はこれからどんなピアニスト人生を歩むのか。もしかしたらノーベル平和賞を受賞しているかもしれないシリーズ第4弾に期待したいものです。

|

« 『天空高事件 放課後探偵とサツジン連鎖』 椙本孝思 | トップページ | 『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54180910

この記事へのトラックバック一覧です: 『いつまでもショパン』 中山七里:

« 『天空高事件 放課後探偵とサツジン連鎖』 椙本孝思 | トップページ | 『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 »