« 『極北クレイマー』 海堂尊 | トップページ | 『リカーシブル』 米澤穂信 »

2013/12/19

『福家警部補の再訪』 大倉崇裕

『福家警部補の挨拶』に続く福家警部補シリーズ第2弾。今回も派手さはない、けれど福家警部補らしい丁寧な仕事に「粒ぞろい」という言葉を送りたい。

収録された作品は4編。抜きん出て優れた作品はなかったかな。どれかひとつを推せと言われたら「マックス号事件」だけれど。ラストの証拠の出処が見事だったかな。

それよりも福家警部補のキャラクタですよね。「再訪」を読んで、表紙に描かれているオバサン然した姿よりももっと若い感じなのではないかと思った次第。例えて言うなら……うーん、思い浮かばないので次回作を読むまでに考えておきます。

|

« 『極北クレイマー』 海堂尊 | トップページ | 『リカーシブル』 米澤穂信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54316167

この記事へのトラックバック一覧です: 『福家警部補の再訪』 大倉崇裕:

« 『極北クレイマー』 海堂尊 | トップページ | 『リカーシブル』 米澤穂信 »