« 『いつまでもショパン』 中山七里 | トップページ | 『13階段』 高野和明 »

2013/12/08

『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐

ディズニーに許可は取ってあるのか、とか、こんなこと書いて松岡氏は消されないのか、とか。とにかくgkbrしながら読んだ夢の国の裏側を描いた一冊。

とりあえずKY男・後藤に苛々しっぱなしの前半。もう少し空気読めよ、大人になれよ、と思わずにはおれない。その怒りが後半になると組織を代表する正社員の面々に向かうわけですが…彼らがクズ過ぎて相対的に後藤の株が上がっているようにしか見えない。いや、後藤も少しは成長しているのかもしれないけれど、たった2日でそこまで劇的に変化するものでしょうか人間性って。それとも、それを成し遂げるのが夢の国パワーなのか。

フィナーレで少し溜飲を下げることができるかもしれないけれど、基本的にあまり読了感は良くない(笑)あの夢の国の裏側はこんなことになってるのか!?のトリビアに関心することは可能かもしれないけれど、でもそれは知らないでおきたかったかな。だってあそこは夢の国、現実を忘れるために行く場所ですもの。

で、着ぐるみって表現は大丈夫なんですかね…?

|

« 『いつまでもショパン』 中山七里 | トップページ | 『13階段』 高野和明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54186876

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐:

« 『いつまでもショパン』 中山七里 | トップページ | 『13階段』 高野和明 »