« 『夜明けの街で』 東野圭吾 | トップページ | 『404 Not Found』 法条遥 »

2013/11/13

『見えない復讐』 石持浅海

法人に対する復讐、復讐のための企業、スケールの大きなお話になって当然のテーマが吃驚するほどミニマムなお話に。ミニマムっていうかちまちま。幽霊を演出し出したときには「こいつら大丈夫か?」と渇いた笑いが出ましたとも。ははは。

とりあえず、『玩具店の英雄』でも感じた強引さが本作でも。田島が導き出した推理・推測が絶対の正解であると信じ、一切の反論なしに納得してしまうギャラリーにものすごく違和感。そういう考えもできるよね、で落とすことは許されないのだろうか。ちょっとリドルっぽいまとめにしてくれれば尚のこと素敵なのに。

そして、これも最近の石持作品にありがちなのだけれど、動機にまったく共感できない。彼女でもなんでもない、憧れの対象にすぎなかった女性のために殺人は犯せないと思うのだが如何だろうか。いや、ひとりだけならそういう勘違い男だったと納得できないこともないのだけれど、3人だからな3人。それとも勘違い男が3人、奇跡的に集まってしまったからこその復讐計画だったのだろうか。それにしても爆弾はちょっと…。

最後の非常階段での出来事にもぽかーん。どうしてそうなってしまったのか、その心の動きをまったく理解できませんでした。これでタイム誌に選出されるほどの経営者になれるっていうんだから世の中驚き。

うーん、ちょっと辛口がすぎるだろうか?いや、このくらいは妥当な一冊。

|

« 『夜明けの街で』 東野圭吾 | トップページ | 『404 Not Found』 法条遥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/53917107

この記事へのトラックバック一覧です: 『見えない復讐』 石持浅海:

« 『夜明けの街で』 東野圭吾 | トップページ | 『404 Not Found』 法条遥 »