« 『誰か Somebody』 宮部みゆき | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』 麻耶雄嵩 »

2013/11/27

『七回死んだ男』 西澤保彦

西澤保彦の最高傑作と名高い『七回死んだ男』。文庫版あとがき(1998年)で西澤氏自身が「西澤保彦の代表作といえば未だに『七回死んだ男』を推す向きが多いのも」と書いているけれども、大丈夫、15年経ってもその向きは変わっておりません。だって、名作は名作。

反復落とし穴、という1日を9回繰り返す不思議な体質の持ち主キュータロー。そのキュータローが殺されてしまった祖父を助けるためにあれやこれやと孤軍奮闘するお話。あらすじにしたらたったこれだけのお話なのだけれど、西澤氏らしい軽快な語り口と細やかな伏線が相まって読んでいてとても楽しい1冊に仕上がっております。

とりあえず、

タイトルからしてミスリード

ってことで良いのかしら?だって、本当は「もしかしたら八回死んだ男」なんですものね?友理さんがキュータローのことをヒサタロウと呼ぶことで謎解きが始まるんだろうなあ、というのは大方の予想通りで、友理さんもまた特異な体質の持ち主なのだろうと思わせるところまで西澤氏が計算していたかどうかはわかりませんが。とにかく、友理さんとキュータローのあの日の会話は間違いなく「有った」と前提すること、これが謎を解く第一歩でございます。

そこからどう推理するかは人それぞれですが、とりあえず私はこの反復落とし穴を自由に操れる人物がいて、キュータローはそれに引きずられている(付き合わされている)のだと予想。その人物とは被害者である零治郎祖父そのひとなのだけれど、祖父は反復落とし穴で自分を殺しに来ないものを後継者として指名するつもりなのでは?それが能力持ちのキュータローと友理で、ふたりが後継者として指名されてめでたしめでたし…そう考えたこともありましたとも。

登場人物たちの名前が今でいうDQNネームなのがおもしろいなあ…と、どうでも良い事まで考えて、いつかこの名前が当たり前のものになる頃まで(そんな日は来て欲しくないけれども)名作は名作で有り続けるのだろうと願うわけです。

|

« 『誰か Somebody』 宮部みゆき | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』 麻耶雄嵩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/54069309

この記事へのトラックバック一覧です: 『七回死んだ男』 西澤保彦:

« 『誰か Somebody』 宮部みゆき | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』 麻耶雄嵩 »