« 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 | トップページ | 『モーニング』 小路幸也 »

2013/10/05

『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾


タイトルから代理母出産にまつわる医療ミステリを想像していたのだけれど、またしても東野氏お得意のスキーミステリ()でした。東野氏、スキー、好き過ぎ。

二代続けてトップスキーヤーを目指す親子に、ふたりの遺伝子パターンを調査させて欲しいとの依頼が入る。だが、その依頼は決して受けてはならない依頼だった。秘密を明かそうとする者と、秘密を守ろうとする者。突如送られてきた脅迫状。そして、バス事故。果たして、犯人の狙いは何なのか?

という一冊ですが、遺伝子云々に関してもスキー云々に関してもどちらも浅く狭くという感じでどこまでも普通の一冊です。個人的に過去の事件、娘の連れ去り事件で誰がどんな役割を果たしたのかをもっと深く描いてくれればもう少し違う読了感だったかな、とは思っていますが。まとめもまとめ、ラストの犯人の手記でさらーっと明かされるという白々しい展開はマイナスではないかと。だって、そこが本作の鍵だと思っていたので。犯人がさあっさり改心しちゃうのもちょっとね。

東野氏の医療ミステリは結構好きなので、医療ミステリの形でカッコウの卵について読ませて欲しいなあと思います。

|

« 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 | トップページ | 『モーニング』 小路幸也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/53499734

この記事へのトラックバック一覧です: 『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾:

« 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 | トップページ | 『モーニング』 小路幸也 »