« 『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾 | トップページ | 『アリアドネの弾丸』 海堂尊 »

2013/10/07

『モーニング』 小路幸也


自殺の理由を「思い出す」ために、夜を徹して走る走るロングドライブ。青春モノに見せ掛けたミステリかと思わせておいてやっぱり青春モノだった一冊。

小路氏とは本作がはじめまして。というか、メフィスト賞作家(?)だということも読了後の略歴で思い出した次第。現在のところ、講談社以外での仕事の方が多い模様。本作も確かにメフィストな作品じゃなかったものね。なにせ青春。

自殺の理由を「思い出す」、自殺の理由はともに過ごした過去の中にある…ってのはミステリによくあるパターンのやつですが(突然届いた招待状、向かった館、見知らぬ招待客たち、そこで始まる殺人連鎖、この館から生きて帰りたければ過去の何とかいう事件の真相を解き明かせとか云々)本作はそこに青春をトッピングし、そのトッピングが効きすぎちゃった印象。いや、最初からミステリにするつもりはなかったのかもしれませんが。ただ、ミステリにするつもりがなかったのなら最後のアレ(ふたりの関係)に関しては蛇足ではなかったかと。どんでん返しとか、吃驚!ってのを狙ったのかもしれませんが、そもそもそういうのは不要、唐突すぎてぽかーんとなりました。

基本的に青春モノは大好きなので、とても楽しむ読みました。文庫版の表紙、おっさんたちが格好良く描かれすぎかとも思いますが、ブラックスーツのおっさんもとても好物です。

|

« 『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾 | トップページ | 『アリアドネの弾丸』 海堂尊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/53525468

この記事へのトラックバック一覧です: 『モーニング』 小路幸也:

« 『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾 | トップページ | 『アリアドネの弾丸』 海堂尊 »