« 『QED~flumen~ ホームズの真実』 高田崇史 | トップページ | 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 »

2013/09/26

『ゴーストハント1 旧校舎怪談』 小野不由美


基本的にホラーは苦手。小野不由美かつリライトされなかったら読もうとも思わなかったであろうゴーストハントシリーズ。元はティーンズハートなので懐かしさも覚えつつ、やっぱり怖かったとも。

ゴーストハンターと言えば巫女やら坊さんやらエクソシストやらを思い浮かべて当然だけれども、本作は怪奇現象を論理的あるいは科学的に解明しようというスタンス。幽霊の正体見たり枯れ尾花的な解説はどれも納得いくもので、小野不由美イズム(本格ミステリイズム)を感じるのだけれど、正体を知っても怖いものは怖いのよね。作中でも巫女のお姉さまがまさに同じことを言っていたけれど、この怖いものは怖いという感覚こそがホラー作品の醍醐味なのでしょう。私にはわからないけれど。

ちなみに、最後の最後でサイキック終わりになってしまったのだけはやや納得いかん。もちろん、シリーズ全体通しての伏線になっているのは承知だけれど、最後まで論理的に解決して欲しかった…と思うのは、ミステリスキーの性でしょうか。

シリーズ7作、ゆっくり読んでいくつもりだけれど、本作に登場した巫女やら坊さんやらエクソシストやらは再登場するのかしら?エクソシストはいい人過ぎるので裏があるに違いないと思っているけれど()どうでしょう?とりあえず、ジョンに関西弁を教えた人は出てくるに違いないね。私はそう信じているとも。

|

« 『QED~flumen~ ホームズの真実』 高田崇史 | トップページ | 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/53388472

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴーストハント1 旧校舎怪談』 小野不由美:

« 『QED~flumen~ ホームズの真実』 高田崇史 | トップページ | 『ゴーストハント2 人形の檻』 小野不由美 »