« 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 | トップページ | 『のぼうの城』 和田竜 »

2013/08/10

『ウィンター・ホリデー』 坂木司

小学5年生の息子と初めて過ごす冬。クリスマスにお正月、バレンタインにホワイトデー、互いを知らなかった時間を取り戻すかのように楽しんで過ごせる…のか?というわけで、『ワーキング・ホリデー』続編です。

やっぱり私は「お母さん」との異名を持つ進が年相応…どころか、むしろ幼くなっちゃう瞬間が好きなようで、ふたりで意地を張り合ったお正月の喧嘩にほっこり。ようやく出来たお父さん、ようやく会えたお父さんを独り占めしたくなっちゃう気持ち、わかります。

だから、バレンタインのコンビニで大和が言った言葉も好き。「『お父さん、迎えにきて』。それだけ言えば充分なんだよ」は名言。家族だから、お父さんだから、息子だから許される、信頼が省略させる会話って本当に素敵だなあ。

現在家族は「お父さんと進」と「お母さんと進」の二世帯。果たしてこの二世帯が一世帯になることはあるのか…は次のホリデーに期待でしょうか。

ところで、本作に登場した元ヤンのサクライさんって『和菓子のアン』に登場した桜井さんってことでよろしいか?学生結婚したんですね、おめでとう!

|

« 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 | トップページ | 『のぼうの城』 和田竜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/52807947

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウィンター・ホリデー』 坂木司:

» 「ウインター・ホリデー」坂木司 [粋な提案]
元ヤン&ホスト→宅配便ドライバーの父+しっかり者の小学生の息子 一人から二人、そして仲間と……大人気「ホリデー」シリーズ第二弾! 元ヤンキーで元ホストの大和と突然現れたしっかり者の息子・進のひと夏の絆を描いた『ワーキング・ホリデー』、その待望の続編! 届けたい。間に合わないものなんてないから。一人から二人、そして…。父子の絆の先にある、家族の物語。父親は元ヤン・元ホスト・現宅配便ドライ...... [続きを読む]

受信: 2014/12/12 15:18

« 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 | トップページ | 『のぼうの城』 和田竜 »