« 『魔神館事件 夏と少女とサツリク風景』 椙本孝思 | トップページ | 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 »

2013/08/08

『吉祥寺の朝日奈くん』 中田永一


恋が始まるまで、あるいは、始まることなく終わってしまった恋の物語が詰まった短編集。

個人的にベストだったのは「ラクガキをめぐる冒険」でしょうか。どの作品にも謎解きがエッセンスとして振り掛けられているのだけれど、どうして遠山くんに会いたいのか…の部分をフェイクにしてうまく魅せてくれた本作がいちばん綺麗だったと思う。ラストのまとめ方もいちばん救われた感じだったし。

表題作も好き。まさか全てが○○だったとは。けれど、人の気持ちと言うのはシナリオ通りにいかないもので、その気持ちの振れ幅がまるで小さなものであるかのような淡々とした描写に改めて乙一すげーと思いました。まる。

そういえば、『箱庭図書館』のときにも思ったのだけれど、乙一の文章ってこんなに句読点多かったっけ?「三角形はこわさないでおく」が特に顕著で、ちょっと読み辛かったです。まる。


|

« 『魔神館事件 夏と少女とサツリク風景』 椙本孝思 | トップページ | 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/52792604

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉祥寺の朝日奈くん』 中田永一:

« 『魔神館事件 夏と少女とサツリク風景』 椙本孝思 | トップページ | 『ワーキング・ホリデー』 坂木司 »