« 『福家警部補の挨拶』 大倉崇裕 | トップページ | 『書物法廷』 赤城毅 »

2013/08/26

『カラット探偵事務所の事件簿 1』 乾くるみ


『イニシエーション・ラブ』や『Jの神話』に代表される乾ワールドとは一線を画した本作…っていうか、乾くるみで日常の謎だと…?って思わず呟いてしまった一作。

≪あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします≫
がキャッチフレーズのカラット探偵事務所。事務所の採算は度外視、魅力的な謎が解ければ良いという古谷と、身体を壊して新聞社を退職したばかりの井上、このふたりが街のお悩みを解決するわけですが…謎の難易度は普通あるいは低く、なにより魅力に欠けます。

「別荘写真事件」がまあまあかな、と思いますが、ミステリ好きとしては父親に会いに行く云々よりも別荘の焼死体が誰だったのかの方に興味が…。そちらはさらっと流されて、切なくなってしまいました。

それでも。最後まで読んで良かった!と思わせてくれのが乾パワー。まさかそういうトリックが仕掛けられているとは全く思っていなかったので些か反応できずにおりましたとも。思い返せば井上がたまごクラブに明るいあたりが怪しかったのかもしれませんが、そもそも、古谷が井上に敬語なあたりで気付いたって良いのかもしれませんが、やっぱり無理だと思う。まあ、ちょっとしたお遊びってことで。それにしても文庫版の表紙…苦労されたことでしょう。

|

« 『福家警部補の挨拶』 大倉崇裕 | トップページ | 『書物法廷』 赤城毅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/53043866

この記事へのトラックバック一覧です: 『カラット探偵事務所の事件簿 1』 乾くるみ:

« 『福家警部補の挨拶』 大倉崇裕 | トップページ | 『書物法廷』 赤城毅 »