« 『山手線探偵』 七尾与史 | トップページ | 『Fake』 五十嵐貴久 »

2013/07/21

『サヴァイヴ』 近藤史恵


『サクリファイス』『エデン』に続くシリーズ三冊目の短編集。描かれているのはチカの物語と、『サクリファイス』で圧倒的な存在感を魅せてくれた石尾&赤城の物語。

このシリーズの主人公はやっぱりチカなのだけれど、この短編集は石尾&赤城が完全にチカを喰っている。そして、『サクリファイス』を読んだ人には絶対読んでもらいたい。

石尾にもこんな時代があったんですよ、と

エースになるべくして生まれた男。絶対的エースとか読んじゃうとどっかのアイドルグループみたいですが(笑)石尾にはこの言葉がぴったりですよね。とにかく勝ちにこだわり、そして、勝ってみせる男。ああ、『サクリファイス』をもう一度読みたくなってきた。

そんなわけで、「プロトンの中の孤独」「レミング」「ゴールよりももっと遠く」からなる石尾&赤城3部作がお薦めです。そして、チカの物語は最新作『キアズマ』で楽しみたい…って、『キアズマ』はチカの物語ってことで良いのだろうか?

|

« 『山手線探偵』 七尾与史 | トップページ | 『Fake』 五十嵐貴久 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/52542767

この記事へのトラックバック一覧です: 『サヴァイヴ』 近藤史恵:

« 『山手線探偵』 七尾与史 | トップページ | 『Fake』 五十嵐貴久 »