« 『Fake』 五十嵐貴久 | トップページ | 『推理小説』 秦建日子 »

2013/07/24

『百瀬、こっちを向いて。』 中田永一


恋愛小説家としての乙一、処女作がこの「百瀬、こっちを向いて。」なのだけれど、『I LOVE YOU』で読んだときは全く気付けませんでした。そして今日、改めて読んでみて…ああ、乙一らしいところあるよねえ、って。

一番らしさを感じたのは「なみうちぎわ」でしょうか。仄暗いところがまさに。そして、私の一番のお気に入りだったりもする。ちょっとミステリ入ってるからってのもあるかもしれないけれど。なんとなく本多孝好の「眠りの海」(『MISSING』収録)を思い出しました。

表題作の「百瀬、こっちを向いて。」も好きかな。主にほおずきの花言葉方面で。やっぱりどこか仄暗くて後ろ暗いところのある作品が好き。毒、といよりは、闇。乙一のそういうところから離れたくての中田永一名義だったのかもしれないけれど。やっぱり見え隠れしてしまうものなのでしょうか。

|

« 『Fake』 五十嵐貴久 | トップページ | 『推理小説』 秦建日子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/52586429

この記事へのトラックバック一覧です: 『百瀬、こっちを向いて。』 中田永一:

« 『Fake』 五十嵐貴久 | トップページ | 『推理小説』 秦建日子 »