« 『0番目の事件簿』 | トップページ | 『メルカトルかく語りき』 麻耶雄嵩 »

2013/04/01

『オチケン!』 大倉崇裕

読書メーターで見掛け、気になって読んでみた一冊。大倉氏とは初めまして。まだまだ読んでないミステリがたくさんあるのは嬉しいものですね。

本作はあれよあれよと「落研」こと落語研究会に入部することになってしまった「オチケン」こと越智健一が巻き込まれたふたつの事件を描いたミステリです。事件と言っても人は死なず、サークル同士の部室争いがメインなのですが、謎を解決するのに古典落語が絡んでくるんですよね。

私は落語に明るくないので(まんじゅう怖い、くらいしか知らない)落語ネタを丁寧に解説してもらえるのも嬉しい。好きな人にしてみたら「聞けよ!」ってことになるのかもしれませんが…その時間はミステリを読むことに充てたいと言ったら怒られるだろうか。でも、巻末のエッセイで大倉氏も書かれていますが、ミステリと落語は確かに似てますよね。オチが肝心、オチが全て。最後に「やられた!」と思えるかどうか、その快感は何冊ミステリを読んでも止められないものです。

ところで、落研在籍のふたりの先輩が何者なのかと、なぜに新入部員はオチケンだったのか。このふたつって明かされたようで明かされてませんよね?シリーズ続刊で徐々に明らかになってくるのでしょうか(本作で解決済ってことにされてたらどうしよう!)

|

« 『0番目の事件簿』 | トップページ | 『メルカトルかく語りき』 麻耶雄嵩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/51052970

この記事へのトラックバック一覧です: 『オチケン!』 大倉崇裕:

« 『0番目の事件簿』 | トップページ | 『メルカトルかく語りき』 麻耶雄嵩 »