« 『ジーン・ワルツ』 海堂尊 | トップページ | 『少女不十分』 西尾維新 »

2013/03/14

『幽女の如き怨むもの』 三津田信三

読み始めたら止まらず、トイレに行くのに難儀したこのミス2013第4位『幽女の如き怨むもの』。物語の9割はきっとホラー、でも残りの1割、第四部で全てが現実のものとなるさすが。

舞台はタイトルからもお察し、遊女…花魁が下働きを行う遊郭。戦前、戦中、戦後の三時代で起こった不可解な3×3=9件の連続身投げ事件。花魁たちを誘う「何か」をいつしか人は幽女と呼び、恐れ、不思議を不思議として処理する。けれど、その不思議を説明可能な現実にしてしまうのが刀城言耶なわけです。

物語の9割はホラーで遊郭(遊女)の歴史みたいなものなので、興味のない人にはキツイかもしれない1冊。ただ、伏線がさりげない形であちこちに張り巡らされているので頑張って読んでいただきたい。無駄な描写はありません。あれもこれもそれも伏線。そしてその伏線を「どうだ!」ではなく「さらっと」明かす姿勢が潔いです。さらっと。

あっ、でも、個人的に9件の身投げ事件のうち2件目だけはちょっと不合理というか強引な気がするかな。

結末は相変わらず救われているようで救われていない感じ。犯人の人生はどこで狂ってしまったのか…は聞くまでもない質問ですが、しあわせな時が少しでもあったように祈るだけです。

そういえば、刀城言耶シリーズお決まりの謎列挙がありませんでしたね。少し寂しい。

|

« 『ジーン・ワルツ』 海堂尊 | トップページ | 『少女不十分』 西尾維新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/50692422

この記事へのトラックバック一覧です: 『幽女の如き怨むもの』 三津田信三:

« 『ジーン・ワルツ』 海堂尊 | トップページ | 『少女不十分』 西尾維新 »