« 『鬼談百景』 小野不由美 | トップページ | 『空想オルガン』 初野晴 »

2013/03/21

『長い廊下がある家』 有栖川有栖


作家アリス短編集。収録されているのは表題作含め4作ですが、火村&アリスが活躍するのが2作、あとは火村とアリスが単独で謎と向き合う異色作。

個人的には火村が危機に陥る「ロジカル・デスゲーム」が好きかな。三つあるグラスのうち、ひとつには毒が入っているという状況で貴方ならどのグラスを選びますか?というよくある(?)シチュエーションで火村なりの解決法を見せてくれます。でも、この作品の火村は犯罪を憎み犯罪者を憎まずに見える。私の読み違いだろうか。本来の火村は逆ですよね。犯罪者をただただ憎んでいる。引き返した者として…の台詞はどの作品だったか。

あとは「雪と金婚式」が好き…というよりは綺麗だと思いました。ロジックも、雪が降る描写も。

ただ、火村&アリスの活躍という意味では少し物足りなく思ったので、ここらで作家アリスの長編が読みたいものです。

|

« 『鬼談百景』 小野不由美 | トップページ | 『空想オルガン』 初野晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/50876504

この記事へのトラックバック一覧です: 『長い廊下がある家』 有栖川有栖:

» 密室入門!/有栖川有栖・安井俊夫・著 [かんそう海岸]
 最近、有栖川有栖氏の著作をnbsp;もの凄い勢いで収集・再読していますnbsp; (主に火村シリーズ) nbsp;発売ホヤホヤのnbsp;「菩提樹荘の殺人」は大事にとってあります!!nbsp;ちゃんと時間をつくって読みたい!!nbsp;若火村〜vvnbsp; 菩提樹荘の殺人 高校生の頃、愛読していたのですが再度どハマりしてしまった模様です。現在、家の蔵書を処分して整理しつつあるのですがその渦中にあって異様... [続きを読む]

受信: 2013/08/28 00:40

« 『鬼談百景』 小野不由美 | トップページ | 『空想オルガン』 初野晴 »