« 『Another』 綾辻行人 | トップページ | 『新参者』 東野圭吾 »

2013/02/02

『猫柳十一弦の後悔』 北山猛邦


探偵という職業にステイタスがあり、大学に探偵助手学部なんて学部が存在する素敵世界が舞台の「猫柳十一弦シリーズ」を読みました。

北山氏と言えば「物理の北山」と呼ばれるほどの物理トリックフリーク(?)ですが、今回の…と言うかこの猫柳十一弦シリーズにおいて物理トリックは必要ありません。なんせ、この猫柳探偵、犯罪を○○○○○タイプの名探偵だから…ってことでネタバレ回避の伏字にしてみましたが意味あるでしょうか?

個人的な感想としては「とても中途半端な一冊」だと思っていて、驚くような物理トリックもなく、見立ても微妙、伏字にした猫柳探偵の特性も今回破られているし、レビュー冒頭に紹介した素敵な世界観の紹介も薄ければ全体的に文章(描写)も薄い…とあまり好印象ではなかったりします。せめてどの部分かに重点が置いてあれば少し違った印象になったかもしれませんが…もう、ラストで仄めかしてくれた恋愛描写が厚いのでも良いと思ったくらいです。っていうか、もっとわかり易く仄めかしてくれて良かったのにね。

|

« 『Another』 綾辻行人 | トップページ | 『新参者』 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/49112106

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫柳十一弦の後悔』 北山猛邦:

« 『Another』 綾辻行人 | トップページ | 『新参者』 東野圭吾 »