« 『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』 高田崇史 | トップページ | 『はやく名探偵になりたい』 東川篤哉 »

2013/02/05

『初陣』 今野敏

警察キャリアの表と裏を「変人」竜崎の視点で描いた隠蔽捜査シリーズですが、今日はその3.5、竜崎の同期にして幼馴染の伊丹を主役に据えたスピンオフ作品『初陣』のレビューです。

伊丹が福島県警から警視庁に戻ってくるところから物語(時系列)はスタート。刑事部長として自分は今なにをすべきなのか…キャリアであっても迷って当然、人間だもの。ってことで、危機に直面した伊丹が頼るのは「歩く建前」「歩く正論」「変人」竜崎なわけです。

多忙なふたりを繋ぐのは基本的に電話。困り顔で事情を説明する伊丹と、それを…ほぼ100%手元の仕事を片付けながら聞く竜崎と。立場や関係は様々、それは『隠蔽捜査』 『果断』 『疑心』に詳しいわけですが、スピンオフとは言えその辺りは頭に入れた上で読んだ方が楽しめると思います。というか、そうじゃないと竜崎の快刀乱麻っぷりに付いて行けないような気がする。やっぱり私は『疑心』であれこれ悩んでみせた竜崎よりも、こういう竜崎の方が好きです…って本作は伊丹のお話でしたっけ。伊丹も好きです。人間らしくって。

実を言えば『疑心』はあまり楽しめなかったクチなのですが、「試練」を読んで『疑心』を再読するのも悪くないと思ったりもしたかな。

|

« 『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』 高田崇史 | トップページ | 『はやく名探偵になりたい』 東川篤哉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/49161465

この記事へのトラックバック一覧です: 『初陣』 今野敏:

« 『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』 高田崇史 | トップページ | 『はやく名探偵になりたい』 東川篤哉 »