« 『≠の殺人』 石崎幸二 | トップページ | 『闇の喇叭』 有栖川有栖 »

2013/02/15

『聖女の救済』 東野圭吾

ガリレオシリーズ5作目にして長編2作目。ドラマから内海が逆輸入されて(正確には4作目『ガリレオの苦悩』から登場していたようですが)良いアクセントになってましたね。恋心に曇る男の目と女の勘と論理と。

自宅のリビングで毒殺された男。捜査は毒の混入経路に向かうが、犯人どころか解決の糸口すら掴むことができず。内海が掴んだのは探偵ガリレオの研究室、そのノブだった…みたいな感じでしょうか?ところで、ガリレオがあまり捜査に協力的でないのは元からですが、草薙と距離を置いているってのは何が原因でしょう?未読の『ガリレオの苦悩』に収録されているのかな?それとも『容疑者Xの献身』絡みでしょうか?

本作のトリックに派手さはなく、そこにあるのはまさに「執念」としか言いようのない感情。それは物理で解き明かすことのできないものだからこそ、ガリレオにして「完全犯罪」言わしめるほどのものになったのでしょう。タイトル『聖女の救済』の意味がラストで明かされますが、それはとても深くて、潔くて、悪くないです。

ただ、私は本作に登場する女性、誰ひとりの感情も行動も理解できないんですけどね!

|

« 『≠の殺人』 石崎幸二 | トップページ | 『闇の喇叭』 有栖川有栖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/49411857

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖女の救済』 東野圭吾:

« 『≠の殺人』 石崎幸二 | トップページ | 『闇の喇叭』 有栖川有栖 »