« 『貴族探偵』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『龍神の雨』 道尾秀介 »

2013/01/23

『ぼくが探偵だった夏』 内田康夫


「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」ミステリーランドですが、本作はあの浅見光彦少年が主人公とあって「かつて子どもだった」私が大喜びで読ませていただきました。

軽井沢で過ごす夏、妖精の森を抜けた先にある緑の館、そこで見た犯罪のにおいがする光景。その謎に浅見光彦少年が挑むわけですが、まぁハラハラさせられましたとも!子どもの好奇心と冒険心を舐めちゃいけませんね。そして、それを描くのがとてもお上手です内田氏。

ミステリというよりは冒険譚なので、大掛かりなトリックが用意されていたり複雑な人間関係が描かれているわけではありません(浅見光彦シリーズには有りがちだけどね!)でも、浅見光彦がどんな少年時代を過ごしたのか、彼がどんな少年だったのかを知りたい方は2時間も掛からずに読めてしまいますので、ぜひ。

というか、光彦ぼっちゃまが可愛くて、もう。

|

« 『貴族探偵』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『龍神の雨』 道尾秀介 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/48893841

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくが探偵だった夏』 内田康夫:

« 『貴族探偵』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『龍神の雨』 道尾秀介 »