« 『デュラララ!!』 成田良悟 | トップページ | 辻村深月、 »

2012/05/15

『硝子のハンマー』 貴志祐介

「鍵のかかった部屋」見てます。かつて、こんなに「密室」という言葉が登場するドラマがあっただろうかとミステリ好きとして嬉しく思いながら見ています。そして原作を読んでみました『硝子のハンマー』。

どうしてもドラマと比較して読んでしまうわけですが…テンプレ化したドラマ版のキャラクタよりも数段魅力的な登場人物たち。ドラマ版榎本は「なにを考えているのかわからない」「鍵にしか興味のない」キャラクタとして描かれていますが、原作の榎本は密室、そして殺人という犯罪に対してしっかり正面から向き合っているような気がする。そして、純子に対しても。その感情を「劣等感」という言葉で表現したあたりがとても巧いなと思いました。ふたりの会話もウィットに富んでいて良いですね。本作のラスト、その終わり方がとても好きです。

肝心のミステリ(密室)に関しては…というか、動機に関しては私は全く理解出来なかったんですよね。何故に最初の目的を達した時点で止めなかったのか。それが殺人という行為にすり替わってしまった過程が全く少しも理解できませんでした。それを理解させようとバックグラウンドを読ませてはもらいましたが…やはり目的が殺人へとスライドしてしまったポイントには激しい違和感を覚えずにはいられませんでした。犯人があのトリックを用いるに費やした時間に見合っていない気がする。

ただ、とても楽しい時間を過ごさせてもらいましたので、第2弾第3弾も読むつもりです。そして、ビリヤードやりたい。

|

« 『デュラララ!!』 成田良悟 | トップページ | 辻村深月、 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/45261640

この記事へのトラックバック一覧です: 『硝子のハンマー』 貴志祐介:

« 『デュラララ!!』 成田良悟 | トップページ | 辻村深月、 »