« 『難民探偵』 西尾維新 | トップページ | 『零崎人識の人間関係』 西尾維新 »

2012/02/06

『あるキング』 伊坂幸太郎

私にはよくわからなかった、が読了後の正直な感想。王として生まれ、王となることを約束され、紆余曲折しながらも王として生きた野球少年の物語。

伊坂氏はこれを「伝記」と呼んだが、果たして王は成功しただろうか?後世に残る記録を残しはしたかもしれないが、王はその記録を喜んだのであろうか?最後まで、野球をする王が野球を楽しんでいたように読めなかったことと、現れては消える登場人物の何人かが消えっぱなしなのが残念でした。

|

« 『難民探偵』 西尾維新 | トップページ | 『零崎人識の人間関係』 西尾維新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/44001741

この記事へのトラックバック一覧です: 『あるキング』 伊坂幸太郎:

« 『難民探偵』 西尾維新 | トップページ | 『零崎人識の人間関係』 西尾維新 »