« 2010年2月 | トップページ | 2011年10月 »

2010/05/08

『時の鳥籠』 浦賀和宏


「この子は自殺した」「お前がこの子を、救うんだ」

ねぇ、お父さん。いつになったらその言葉の意味が分かる日が来るの?

ねぇ、お父さん。いつになったら私は元の世界に戻れる日が来るの?

読む読む詐欺を繰り返してきた『時の鳥籠』をようやく読むことができました。『記憶の果て』の裏を為す物語。正直、読書という行為が久しぶりだったので500頁超の作品を読めるか不安だったのですが…良い物語ってのはブランクなんて関係なしに読めちゃうもんですね。
そして、良い物語はいつまで経っても色褪せない。『記憶の果て』を再読したのは1年半も前の話でしたが、どんな物語だったのか直ぐに取り戻すことができた。うん、やっぱり初期の浦賀は好きだ。

『記憶の果て』で回収されなかったいくつかの伏線が、この『時の鳥籠』では回収されております。回収…というか、『時の鳥籠』までを含めてひとつの物語。いや、まだまだ未回収の伏線が両手で足りないくらいあるので、安藤直樹シリーズ全てがひとつの物語…って、終わる日来るの!?
というわけで、ググってみたところ…『透明人間』のあとにシーズン2ってのが始まってるんですね!知らなかったよ!!『萩原重化学工業連続殺人事件』と『女王暗殺』…読書から遠ざかってた間も講談社ノベルスのメルマガだけは欠かさず読んでおりましたが、あらすじ読んだだけじゃ安藤直樹シリーズの続編だとは思えないよ!っていうか、本当に続編?

って、今日は『時の鳥籠』のレビューです。正直、この作品だけを読んでも楽しくもなんともないと思われ。この作品の醍醐味は「安藤直樹の出生の秘密」を浅倉目線で知ることなので…って、さらっとネタバレしましたが大丈夫でしょうか?

『記憶の果て』のラストで思わせぶりに登場し、「何故なら、それは彼女の物語だからだ」と読者をずっこけさせた浅倉。その「彼女の物語」は実に壮絶。端的に表現するならSF。えーっと、

タイムトラベルされましたね?

もうこの時点で合わない人は合わないと思います。いや、タイムトラベルものにも良作は多い!でも、「誰が」「どうやって」浅倉をタイムトラベルさせたかは一切明かされません。明かされているのは「なぜ」だけ。その「なぜ」だって曖昧…救うってなに?彼女の自殺を止めることが=救うこと?でも、彼女は自らの意思で以て死を選んだんだよね?そして、過去を変えることは未来を変えることになるのでは??

結局、過去は変えられないし、未来も変わらない。人は生まれたときから神様が用意した路の上を歩くことしかできず…自分で選んだと信じた路も、脳がそう信じさせているだけ。はい、出ました。安藤直樹シリーズのお約束、「脳」のお話。ちなみに安藤直樹シリーズにはもうひとつお約束があって、それは「音楽(っていうかYMO)」。ときどき挿入される音楽の薀蓄こそ、浦賀が一番楽しく書いているシーンだと信じてます。

ちなみに、講談社ノベルス(というか、メフィスト賞出身作家)ですので、ミステリもあります。一応。トリックのジャンルを明かしてしまうと=謎そのものを明かしたのと同義なので(って、書いてる時点で明かしてるのと同義)詳しくは書きませんが、今回もやっぱりミステリではないと思ってお読みになられた方が安全かつ適切かと。そして、気分が爽なときに読むのが宜しいかと思います。

って、全然褒めてませんが、私はこの作品が大好きなんですよ。これは本当。
浅倉の成長…というか、浅倉父の云う「きっと分かってくれる」日が来るまでの物語。この流れは本当に怖い。人の順応ってのは本当に怖い。分かってはいけないことを分かってしまうのは本当に怖い。でも、それが神様の用意した物語なら…脳はそのように働き掛けるのでしょう。

さぁ、残りの伏線を回収するために。安藤直樹シリーズの再読に勤しむことにしましょう。それがきっと脳から与えられた指令なのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2011年10月 »