« 『警官の紋章』 佐々木譲 | トップページ | 「名探偵の掟 #1」感想 »

2009/04/19

『迷える羊に愛の手を』 若木未生


術者にも日々の生活があって

その一面を垣間見ることのできる

オーラバ短編集

最中ではありますが1時間の気分転換オーラバ。気分転換は大切。大切ですよ。

本短編集には4つの作品が収録されていて。うち、術者が術者らしく妖の者と対峙するのは2作品。やはりこちらの2作品の方が好きで…オーラバは珍しくキャラ読みでなく筋読みなのか?そういえば、本短編集に亮介が亮介として登場した箇所はございませんでしたね。いつも誰かの想いとして登場…もう、亮介ってばみんなに愛されちゃってるんだから。

まずは、昔取った杵柄、優等生(っぽい)諒が堪能できる表題作「迷える羊に愛の手を」。舞台は秀才ばかりが集まる男子校…なんて美味しそうな。先生とは気が合いそうだ同じ性癖を持っているような気がします。羨ましい。先生は男子高生を食べたくて食べたくて妖の者に憑かれてしまったのでしょうか?欲望って怖いね。しかし、先生に迫られた諒のかわしっぷりったら…なかなか。

そして、作者自ら「里見十九郎くんの優雅な私生活」と云ってのける「アニバーサリー」。再読で十九郎の良さを再認識した私としては、なかなか。腐女子が狂喜乱舞しそうな設定。だって、成績優秀(平家物語に対する教師の解釈に違和感を覚えて図書館へ文献を当たりにゆく)、ピアノを弾きこなし、引退してなお生徒会に多大な影響力を持ち、バイクを乗り回す財閥後継者候補…居ねぇよ(笑)そんな十九郎に対する希沙良の想いは黙殺させていただきます。BL要素には興味ない。いや、これ本当に。

そして、やっぱり亜衣ちゃんは元ヤンでしたか。しかし、「入学式の時に理想のカタマリを発見」って(笑)亮介ちゃん、本当にみんなから愛されてるんだから。

って、本当にこれってキャラ読みしてないって云い切れるんだろうか。

|

« 『警官の紋章』 佐々木譲 | トップページ | 「名探偵の掟 #1」感想 »

コメント

こんばんは!!
今読み返すとかなりイタイ感じの表現が多いですけど、やっぱり面白いですね。このシリーズ。まじょ。さんのレビューだけでもかなりの笑いどころが。私、忍サマのファンなんですが、今読み返すとセリフとか、それはもう、凄いんでしょうね。恐いもの見たさで再読したい。

そろそろ続編出ても良いと思うのですが、なかなか話を聞かないですね。。

投稿: ソラチ | 2009/04/20 21:16

☆ソラチさん☆
すっかり愉しんじゃってます。背景が深いので、もっと重厚な作品になってもおかしくないと思うのですが…これをティーンズをやるってのに意義があるのでしょう、きっと。
>今読み返すとかなりイタイ感じの表現が多い
確かに(爆笑)着ているものが古い(バブル?)なのは時代だから仕方無いにしても…希沙良の上から下までレザーなんかは時代を考慮してもイタイ。夏とか凄い蒸れてそう。
忍サマの台詞とか赤面せずには読めませんが(笑)忍サマは天上人なので!御簾越しにお声を聞けるだけでも幸せでございます…

投稿: まじょ→ソラチさん | 2009/04/23 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/29173050

この記事へのトラックバック一覧です: 『迷える羊に愛の手を』 若木未生:

« 『警官の紋章』 佐々木譲 | トップページ | 「名探偵の掟 #1」感想 »