« 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 | トップページ | 『推理作家になりたくて 謎』 »

2009/04/01

『十字架の少女』 若木未生

十字架の少女 ハイスクール・オーラバスター  /若木未生/著 [本] 十字架の少女 ハイスクール・オーラバスター /若木未生/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

少女の背負った十字架は

罪の証?それとも赦し?

諒の過去が明らかになるオーラバ第3弾

1時間の気分転換オーラバ再読中。アフィリの表示非表示はどんなルールなんでしょうか?古いとか絶版とか関係ないような気がしてきた…在庫の有無?ならば1990年発行の本作を在庫として持っているセブンアンドワイは凄いな。って、どうも良いことから始めるのはミステリスキーとして悔しいからです。

本作は諒の過去を主題に。優等生な諒ってあまりイメージ湧かないんですが…苦しみをストレスを発散できずに妖の者に憑かれた過去の諒、そして家族の死。唯一の生存者、唯一の希望、妹の彩ちゃんが今回のゲスト(?)キャラ。どうやら彩ちゃんも術者のようですが…私が読んだことある巻までに彩ちゃんが術者として活躍した巻は無かったように思いますが。その後バリバリ活躍してくれてるのでしょうか?でも「静」の術者なのか…っていうより諒と和解してもらわないと(それが一番難しいから)。

って、牙ですよ。このレビューは紹介というより個人的備忘録なので(懐かしい久しぶりに読んでみようかなオーラバ、と思っていただけると至極だけれど)予告なしにネタバレしてます。って、伽羅王の遣いである牙ですよ。またもや新たな力を自陣に引き込んだ伽羅王ですが…

「犠牲は免れぬでしょう…彼らの内には」
「やむを得ぬ」

って!そうまでして妖の者…っていうか九那妃に一矢報いなくてはなりませんか。本当にこの夫婦にはどんな因縁があるんだか。再読&途中からはじめましてが俄然愉しみです。

|

« 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 | トップページ | 『推理作家になりたくて 謎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/28854438

この記事へのトラックバック一覧です: 『十字架の少女』 若木未生:

« 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 | トップページ | 『推理作家になりたくて 謎』 »