« 『制服捜査』 佐々木譲 | トップページ | この日を待っていた »

2009/04/23

『カーニバル 四輪の牛』 清涼院流水

カーニバル・デイ―新人類の記念日 (講談社ノベルス) Book カーニバル・デイ―新人類の記念日 (講談社ノベルス)

著者:清涼院 流水
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

九十九十九、暗殺

衝撃のニュースを夜叉の視点で振り返りつつ

犯罪オリンピックは新たな展開を見せる

地味に続いてたんですよ、未だ。

こんな本、もう読みたくない

重量級文庫本片手に、何度こう思ったことか。だって、

おもしろくない

ごめんなさい。本当のこと云ってしまってごめんなさい。前半の夜叉視点はそうでもないんですよ。もともと『カーニバル 四輪の牛』はノベルス版『カーニバル・デイ』冒頭に該当するので、読者のための「これまでのお話はこんな話でしたよ、覚えてますか?」的役割を果たしてくれるのですが。そこが一番おもしろいって…。

『四輪の牛』後半には第27週から第39週までの事件(犯罪オリンピック)が収録されているのですが、これまでのような「読者を愉しませよう」という感覚が欠落しているような。これまでは事件現場の探偵視点で、時には犯人視点で、ひとつひとつの事件をSHOWとして愉しく読ませてくれていたように思うのだが…『四輪の牛』は「こういうことがあったんですよ~」と3週まとめて披露とか普通ですから。しかも、舞台に関する薀蓄の方が頁数多いし。

では、その他の部分、たとえばRISE内部について明るいのかと云うと…決してそうでは無く。中途半端に(しかも断片的に)情報が開示されるので、全然おもしろくないんですよ。ミステリ読みは「これこれこうだから→こうなった」という過程(ロジックと云い換えても良い)を愉しむ人種だと思うので。いきなり「犯人はこの人です。じゃ、これで事件解決ですね。推理の過程は省略します、犯人わかればそれで良いでしょう?」って云われたら(書かれたら)きっと私はその本、投げつけるね。でも、本作もその状態に近いです。

とりあえず、RISE幹部は九十九十九を除く6人のS探偵…と思わせといて、もの凄いレベルダウンを見せましたね。そんな普通の人たちがRISE幹部だって云われても貴方。そうそう、

ブラック・ルークは龍宮のクローンなんですって

あとね、龍宮の祖先は桃太郎だそうです。あっ、RISEのトップ(総統)は

アドルフ・ヒ○ラーさんだそうですよ

本当はそっくりさんですけれど。血縁関係はお有りになるようです。もうなんか…絶句?

これが最終巻『五輪の書』で大団円、「うわぁ名作!これまですみませんでした」状態になってくれれば良いのですけれど。そうなった覚えはなく。絶賛レビューを書きたいところなんですがね。

そうそう、RISEは「本を斜め読みして大事なことを残らず読み落とし、的外れな批判をする人種」を抹殺するために活動しているそうですよ。私か?次の大量被害者のひとりは私か?

|

« 『制服捜査』 佐々木譲 | トップページ | この日を待っていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/29258904

この記事へのトラックバック一覧です: 『カーニバル 四輪の牛』 清涼院流水:

» 99の読みの謎 [50リンク集]
九十九里浜は、「くじゅうくりはま」。普通の読み方です。九十九島せんべいは、「くじ... [続きを読む]

受信: 2009/05/07 16:15

« 『制服捜査』 佐々木譲 | トップページ | この日を待っていた »