« 『迷える羊に愛の手を』 若木未生 | トップページ | 『制服捜査』 佐々木譲 »

2009/04/19

「名探偵の掟 #1」感想

名探偵の掟 (講談社文庫) Book 名探偵の掟 (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

期待しかしていない新ドラマ「名探偵の掟」。原作が好きで好きで大好きで、松田翔太くんも好きな私が期待しないわけがなく。しかも「TRICK」枠だし。

あれ?ちょっとコメディ色弱い??

逆にミステリ色が濃いわけでもなく。なんか中途半端に混ぜ合わせてみました感たっぷり。いや、まだ#1だしね見極めには早い。私がこの『名探偵の掟』に期待するのは「9割コメディ1割ミステリ」なのです。

ミステリをとことん、馬鹿にして欲しい(笑)

えっ?ミステリって未だこんな馬鹿みたいなこと本気でやってんの?みたいな。ドSだな、自分。

とりあえず、順々にツッコミ入れておきましょうか。

えっ?なにあの謎の部屋

大河原警部(キム兄)曰く「楽屋」とのことですが。天下一と警部のシークレット・トークをどう表現するのか、『名探偵の掟』の見所はここにあると云っても過言ではないシーンですが、これをああいう形で部屋化しましたか。#1は最初ですからね、若干説明が長かったように思いますが…

「密室はトリックの王様」って(笑)

腹痛い。現実世界でこんなこと云っている人(推理作家と読者以外で)居たらお目にかかりたい。しかし、その密室トリックを解決に導く契機があの親子と見紛うカップルってどうなの?「雪(の愛)は重たいんだよ」って(笑)ちなみに、あの心張り棒の置き方おかしくないっすかね?体当たりであの心張り棒が外れたならば階段(?)に登っちゃうわけないと思うんですが。まぁ、密室トリックを気にしている視聴者なんて居ないだろうし良いや。

あと、#1の見せ場は「名探偵、皆を集めて「さて」と云い」の

まさかの二択!ただの二択!!

実際のところ、バンバン死者が出たがために最終的に二択、という場面はミステリ界に往々にして存在するんですけれども。やっぱりモチベーションさがってるんですね名探偵。しかもその二択が美女(未亡人)と醜女だったりすると、その確立は最早50/50ではございません。最初にブッキングできなかった醜女はどうやって連れてきたんでしょうか?(あっ!醜女の正体がバレる)

とりあえず、今回は松田翔太くんの可愛さに免じて赦しますが(なにをだ)もっとコメディ色強めてください。うーん、見せ方の問題だと思うんですよね。もっと「うわぁ、こんな馬鹿みたいな(密室)宣言やりたくねぇ」ってゴネてください。そのゴネの中にミステリへの風刺を込めてください。って、難しい注文ですね。だって、視聴者にある程度の知識がないと風刺が風刺になりませんので。

|

« 『迷える羊に愛の手を』 若木未生 | トップページ | 『制服捜査』 佐々木譲 »

コメント

まじょ。さん 第一回目見逃してしまいました残念! 私は勝手に33分探偵系のわからない奴を想像してました 時効警察とか位のノリ希望 
密室ときて えっ!と耳を立ててしまう奴って(含む自分)確かに現実の世界にはいないのかぁ 今気づきました

投稿: きりり | 2009/04/19 15:13

33分探偵ほどふざけきれてない感じがちょっと残念でした(笑)
コメディ9割、ミステリ1割の期待わかる!

ウチの旦那さんが、7割くらいで演技しなきゃいけない役者さんが大変だね(笑)っていってました~。
キム兄の、目だけでちらちら松田翔太の機嫌伺う感じがちょっと好きでした☆

投稿: もとか | 2009/04/20 19:39

☆きりりさん☆
そうなんですよ!もっとノリノリを期待してたんですよ!TRICKも時効も「えっ?この人(役者さん)、こんなに弾けちゃって大丈夫?」ってこちらが心配するほどだったんですが…「名探偵の掟」はまだ殻を破れてない感じ。これからに期待してます。
密室ってどのくらい浸透してるんでしょうね?私にとってはもう空気と同じくらい生活の一部なんですが(笑)2時間ドラマとかもアリバイものは多いけど、密室ものって見かけないですしね。

投稿: まじょ→きりりさん | 2009/04/23 23:04

☆もとかちゃん☆
そうなの!「33分探偵」並にわけわかんない感じにしてくれても良かったのに!「33分探偵」は行くとこまで行っちゃった感あるけど。ミステリはどこに?
キム兄がネクタイを「きゅっ」とやると「よぉし、いまから阿呆刑事のお約束やるぞぉ、待ってろ視聴者!」と云われているような気持ちになりました。
とりあえず、まだ#1ですからね!まだ改良の余地はある…はず。そう願いたいものです、はい。

投稿: まじょ→もとかちゃん | 2009/04/23 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/29177460

この記事へのトラックバック一覧です: 「名探偵の掟 #1」感想:

» 春ドラマ偵察④「名探偵の掟」 [ashiyagamaのドラマ200%満喫法 2009春ドラマ物色中]
ドラマの登場人物たちが、ドラマの中に生きている人間と、探偵ドラマを第三者的に解説する立場との間を行き来しながらストーリーが展開していくという、ちょっと斬新な探偵ドラマ。もしくは、探偵ドラマ解説ドラマ、とでも言うべきでしょうか?この設定は、すごく面白いと思....... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 21:04

« 『迷える羊に愛の手を』 若木未生 | トップページ | 『制服捜査』 佐々木譲 »