« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊 | トップページ | 『名探偵の掟』 東野圭吾 »

2009/03/15

『野球の国のアリス』 北村薫

野球の国のアリス (ミステリーランド) Book 野球の国のアリス (ミステリーランド)

著者:北村 薫
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

不思議の国のアリスは知ってる

鏡の国のアリスも知ってる

じゃあ、野球の国のアリスは?

目指せミステリーランドコンプ!ということで、本日は北村薫氏の『野球の国のアリス』をレビュー。ミステリーランドと云いつつもミステリーじゃない作品も混ざっておりまして、本作はそんな非ミステリー作品の中でも1、2を争う個人的好みです。

アリスは野球の大好きな女の子。けれど、女の子が野球の世界で生きてゆけるのは…精々小学生のうち。中学生にもなれば体型だって力だって…悔しいけれど男の子には敵わない。そんなアリスの野球とのお別れをファンタジーで味付けして描いたのが本作。『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を大胆にオマージュ、宇佐木を追って鏡の世界への迷い込んだアリス。そこは裏の世界、下手くそな野球を見世物にする世界。

もちろん野球少女・アリスが世間を「ぎゃふん」と云わせるサクセスストーリー。北村氏の筆力によるドキワクな試合展開も良し。そして、何よりも、アリスと共に戦う仲間たちの存在が素晴らしいんですよね。

アリスの女房役・兵頭くんはもちろん…

五堂くんが最高なのよ!

お姉さんキラーの中学生。ハ○カチ王子やハ○カミ王子に夢中になるオバサマの気持ちが少しだけ理解できました。五堂くんが「所詮、女のピッチャーなんて」的なことをのたまった相手チームに食って掛かるところに胸キュン。そして、帰りのバスの中…

「ほれろよ」っておいっ!この女ったらし!!

なぜアリスがこれだけ良い漢である五堂くんに惚れないのか謎。いや、惚れる日も近いと思いますけれども。

って、こんなしょーもない話をするのは是非読んでいただきたいから。大人向けの1冊とは云えませんが、童心に戻って読んでみてください。読了後、キャッチボールかバッティングセンターに行きたくなるはず。

|

« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊 | トップページ | 『名探偵の掟』 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/28622695

この記事へのトラックバック一覧です: 『野球の国のアリス』 北村薫:

« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊 | トップページ | 『名探偵の掟』 東野圭吾 »