« 『天使はうまく踊れない』 若木未生 | トップページ | 『1/2の騎士』 初野晴 »

2009/03/18

『千里眼の復讐』 松岡圭祐

千里眼の復讐 (角川文庫) Book 千里眼の復讐 (角川文庫)

著者:松岡 圭祐
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地獄絵図

見たいとも思わなかったけれど

それはきっと…ここのことを指すのだろう

期待を裏切らない
お馬鹿エンタテイメント!!

褒めてます。これでも精一杯褒めてます。今回も凄い愉しませていただきましたありがとうございます。

岬美由紀の超人っぷりはいつものことですが、今回は設定も凄い。いや、これまでだって充分に凄かったんですが…今回は一般人を巻き込んで撒き込んで一体何人死んだの?というテロルっぷりです。いやぁ、凄い。

首都高山手トンネルで起こった爆発事故。事故というよりテロなんですが、とにかく崩落によりトンネルから出られなくなった人々。死傷者が折り重なる中…送り込まれたイリミネーター=殺戮者たち。イリミネーターはプロレタリアート・ブルジョワ・ジェントリの3階級に分かれており…当然、階級が増す毎に強くなる。階級が増す毎に必勝法が無くなる。階級が増す毎に死に近づく。

もちろん我らが岬美由紀が立ち向かうわけですが。これまで岬美由紀を助けてくれた蒲生や嵯峨はここには居ない…でも、ご都合主義的に(笑)いろんな特殊技能を持った人間が現れては美由紀を助け、ひとりひとりと散ってゆくのでご安心ください。

って、こんなおちゃらけたレビュー書いてますが、地味に感動して涙しそうになった箇所が。出産シーン、ジェントリからひとりの妊婦を助けるべく自然と出来上がった人垣、新しい命。ここは凄い、松岡氏ってジェントリから妊婦を守ったことあるんですか?ってくらいの臨場感。美由紀の頑張りは「彼女は超人だから」「彼女は英雄だから」で済ましてしまうのですが、平凡なモブでしかない人たちの頑張りには…心揺さぶられました。感動します、本気で。

それにしても…

14歳の少年とフォーリンラヴ

ってのはどうなんでしょうね?あらゆる学問に長けた心理学の専門家も、恋愛経験だけは中学生並みってことでしょうか?美由紀の唯一の弱点、それが恋。ごめんなさい、嗤うところじゃないんだけど可笑しくて。美由紀は嵯峨と恋仲になるんだと(勝手に)思っていただけに驚愕です。

ところで友里との決着は旧シリーズで完結するのでしょうか?新シリーズもこのネタですか?

|

« 『天使はうまく踊れない』 若木未生 | トップページ | 『1/2の騎士』 初野晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/28652682

この記事へのトラックバック一覧です: 『千里眼の復讐』 松岡圭祐:

« 『天使はうまく踊れない』 若木未生 | トップページ | 『1/2の騎士』 初野晴 »