« 『千里眼 ミドリの猿 完全版』 松岡圭祐 | トップページ | 『漆黒の王子』 初野晴 »

2009/02/27

『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ>例外編』 佐藤友哉

鏡姉妹の飛ぶ教室 (講談社ノベルス) Book 鏡姉妹の飛ぶ教室 (講談社ノベルス)

著者:佐藤 友哉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鏡一家の隠し玉

三女と四女を襲う飛ぶ教室止まった世界

鏡家サーガ例外編

あれ?佐藤友哉氏に対する評価を変えねばならない気がする。前作『水没ピアノ』に頂戴したコメント返信で

孤独や苦痛や悪意を言葉遊びで煙に巻いて綺麗事に見せかけるか、大掛かりな仕掛けの中に仕舞い込んでしまうか、どうやっても綺麗事には出来なくて正直に吐露してしまうか。
前者は西尾維新氏、中者(こんな言葉はあるのか?)浦賀和宏氏、佐藤友哉氏は後者の作家ですよね、だから佐藤友哉作品の読了後は苦しい

とか書いた私なんですが…

西尾維新化してる!?

途中から西尾維新が鏡家サーガをトリビュートした作品かと錯覚しました。『テロル』で一戦離脱→復帰してからの佐藤友哉氏はこの作風なのか。ふうん。

というわけで、『鏡姉妹の飛ぶ教室』が本日のメニュー。鏡姉妹=三女・佐奈と四女・那緒美が主人公…例外編と銘打ってあるのはなんでだ?正統派鏡家サーガじゃないか。物語の舞台は、大地震により液状化現象が起こり地中に埋まってしまった中学校…やっぱり正統派鏡家サーガじゃないか。

殆どの生徒が死に絶える中、残されたのは「選ばれるべくして選ばれた」生徒たち。鏡姉妹だったり、裏財閥・祁答院一家だったり、典型的弱者だったり、痛みというものを知らなかったり、復讐を糧に生きていたり、闘牛だったり、闘牛士だったり。あれ?人間じゃないものを挟んだような気がしますが気のせいでしょう。弱者同盟の皆様は、その被害者妄想被害者意識負の連鎖を聞いていると物語が進まないので、盛大に鬱陶しかったのですが、本当は本来は彼らが一番真っ当だったんだろうに。

とにかく「生き残るべくして生き残った」メンバが闘って、下剋上して、放棄して、恋愛して、憑依して、さらに未来を生きるべく助け合う物語。物語を紡ぐは小気味良い西尾維新的言葉遊び。これまでの作品と比べて格段と読み易くなってますし、エンタメ度は格段と上昇しているのですが…佐藤友哉氏らしさはどこに?本当に西尾維新を読んでいる感覚でした。これを脱皮と呼ぶのが適当なのか、埋没と呼ぶのが適当なのか。でもきっと、愉しむことができた私にとっては脱皮なのでしょう。

そして、兵藤くん&佐奈のピュアラブには心動かされました。兵藤くん可愛いな本当、じゅる。そんな兵藤くんとデートに出掛ける佐奈…ラストの展開がまさか。まさか、まさかの『フリッカー式』再び。ある意味「昔からこうだったんだ」と納得なのですが…公彦はこの事実を知らなかったということでオーケイなのでしょうかね?でもやっぱりあれが2体目(3体目)だとすると『フリッカー式』の表記はおかしいような気がしますね。確認して無いけど(笑)

|

« 『千里眼 ミドリの猿 完全版』 松岡圭祐 | トップページ | 『漆黒の王子』 初野晴 »

コメント

こんばんは。

これまだ読んでないんですよね~。
でも確かに世間の評価も、佐藤友哉らしくなくて西尾維新っぽいっていうの、よく聞きますね。そして評価が低い。

でもご安心を。以降の作品(飛ぶ教室以降)は前のコメントでまじょさんのおっしゃっていた佐藤友哉像は復活してます!完璧に悪化(?)して!!(笑)

とはいえ僕は『水没ピアノ』までの佐藤友哉が特に好きだったりするんですが…。『クリスマス・テロル』から、彼の作風は変わりましたからね。まだまだ模索中って感じで。

投稿: tuna | 2009/03/01 19:06

☆tunaさん☆
こんばんは!コメントありがとうございます!!わーい。

>世間の評価も、佐藤友哉らしくなくて西尾維新っぽいっていうの、よく聞きますね。そして評価が低い
評価、低いんですか!個人的にはなかなか愉しめたのですが、確かに西尾維新もどきならば、本家がいらっしゃれば良いので、佐藤友哉氏の作品である意味ないですよね、納得。でも、以降の作品は佐藤友哉氏特有の罪悪感と鬱にまみれた作品みたいで嬉しいです(笑)

>『クリスマス・テロル』から、彼の作風は変わりましたからね
『クリスマス・テロル』のテロルっぷりは、個人的名読書癖の中でも殿堂入りを果たしていて忘れられないのですが…少し佐藤友哉氏に慣れたいまなら、違う感想を持てるでしょうか?再読…してみようかしらん?

投稿: まじょ→tunaさん | 2009/03/05 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/28399581

この記事へのトラックバック一覧です: 『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ>例外編』 佐藤友哉:

« 『千里眼 ミドリの猿 完全版』 松岡圭祐 | トップページ | 『漆黒の王子』 初野晴 »