« 『町長選挙』 奥田英朗 | トップページ | 『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』 佐藤友哉 »

2009/02/01

『彼女は存在しない』 浦賀和宏

彼女は存在しない (幻冬舎文庫) Book 彼女は存在しない (幻冬舎文庫)

著者:浦賀 和宏
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私が彼女と向き合うたびに思い出すものは、

夕方の横浜駅と、オービタルの『ハルシオン』と、

貴治が演じたバズ・ライトイヤーだった。

私のオールタイムベスト10

にグイッと喰い込んでくる浦賀和宏『彼女は存在しない』が本日のメニューです。『時の鳥籠』と迷ったのですが、あの厚さのノベルス本を通勤のお供に据えるのはどうかと…でも『天帝のはしたなき果実』をノーカバーでお供に据えている男性と車輌を同じくしたことがあるな。あの男性の読書癖を聞いてみたい。

というわけで、奇才・浦賀和宏の本領発揮。安藤直樹シリーズは積極的にはお薦めしないけれど、この『彼女は存在しない』はもう積極的にお薦めしちゃう。

読め!読むべきだ!!

って、命令になってるからすみません。でも、そのくらいお薦めです。騙されたと思って騙されながら読んでください。作中のエログロは浦賀作品には必須なので、そこだけ眼を瞑ってくださると嬉しい。

ふたりの人物の視点を交互に切り替えて進む物語。いま5行くらいあらすじを書いたのですが、うっかりネタを割りそうになりました。ネタを割らずにレビューを書こうレビューを書こうとすればするほど、ネタを割っている罠。本作には『こわれもの』指定が必須です。とりあえず文庫版裏のあらすじを丸写ししよう。こんなこと、このブロ愚始まって以来だわ。

平凡だが幸せな生活を謳歌していた香奈子の日常は、恋人・貴治がある日突然、何者かに殺されたのを契機に狂い始める……。同じ頃、妹の度重なる異常行動を目撃し、多重人格の疑いを強めていた根本。次々と発生する凄惨な事件が香奈子と根本を結びつけていく。その出会いが意味したものはー。

バズ・ライトイヤーが物語の良いところでモノローグ的に登場するのが最高なんですよね。バズなのに綺麗。もの凄く綺麗。綺麗といえば表紙も。「なぜこんな陰湿な作品に、こんな爽やかな表紙を?」と最初は思っていて欲しい。最後まで読めばこの表紙の良さがわかるはず。

私はこの作品をミステリとは捉えていない節があって。いや、もうどこをどう切り取ってもミステリでしかないのだけれど…でも、私はいつも本作を恋愛小説だと思って読んでいる。既読の方からは「頭、大丈夫ですか~?」って聞かれてしまいそうだけれど(苦笑)主題は重いし、グロいし、救えないけれど、最後と表紙のあの爽やかさは異常だと思うんだ。

できれば、あまり頭を使わずに、流れに文章にまかせるままに読んでもらいたい作品。あと、登場する浦田先生は浦賀ではないと思って読んでもらいたい(笑)浦田先生、あの作品で新人賞って凄いね斬新だわ…

って、また知らないうちにネタ割ってる!?

|

« 『町長選挙』 奥田英朗 | トップページ | 『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』 佐藤友哉 »

コメント

浦賀氏は「浦賀和宏殺人事件」で、ぐぅ........となった後、デビュー作の感想にも困りその後、手を付けてません でもグロいんですね そしてミステリだけど恋愛小説なら読んでみたい
最近どうでも良くなってカバーをつけずに地下鉄で読んでます「助悪郎」はまだしも、「愛の領分」とか恥ずかしかったですけど

投稿: きりり | 2009/02/01 16:32

浦賀氏はそのタイトルだけ読みました!
とても良かったのですが、グロテスクなのがきつかった…。やっぱりどれもエログロは有りなんですねぇ。
確かに表紙は異常なほど爽やかでした。
読んだのが結構前なので今読み返したら違う感想があるかも!今度読んでみます☆

投稿: もとか | 2009/02/01 18:01

☆きりりさん☆
恋愛小説だと思って読んでるのは世界広しと云えどきっと私だけだと思うので、やっぱりミステリだと思って読んでください(汗)

>「浦賀和宏殺人事件」で、ぐぅ........となった

凄いところから浦賀に入ってしまったのですね!!あの問題作は密室本企画のためになんとか捻り出した感満載できっと私も購入当初1回しか読んでない…YMOのためのYMOの作品かと。あとはエロ?
でも、『彼女は存在しない』は本当にお薦めなので、是非読んでみてください!

投稿: まじょ→きりりさん | 2009/02/04 00:25

☆もとかちゃん☆
浦賀とエログロは切っても切り離せない存在です(断言)基本、該当箇所はナナメ読み上等な私。
個人的にこの作品大好きなので、お薦めお薦め読め読め云ってますが、世間的評価はあまり高くない(それでも浦賀作品のなかでは高いほうなのだろうけど)ので、再読して「やっぱつまんねーじゃん」って思ってもこっそり秘密に処理してください(切望)

投稿: まじょ→もとかちゃん | 2009/02/04 00:27

読め!読むべきだ!!

まじょさんに命令されたので、読んでみましたヨ。

多重人格だって、みんなで連呼していたのが良かったっす。
真っ向勝負を仕掛けて、良い感じに落とし込んでますよねー。

残念ながら、オールタイムベストには入らないけれども~。

投稿: Cozy | 2009/02/23 22:34

☆Cozyさん☆
命令しちゃいました履行してくださってありがとうございます!!
>真っ向勝負を仕掛けて、良い感じに落とし込んでますよねー
ですよねー。多重人格ネタ=既にミステリ的にタブーみたいな感覚なんですが、そこにもうひとつトリック仕込んできますか!みたいな。
この作品がオールタイムベストに入ってくるのは、これを書いたのが浦賀だからですきっと。浦賀の作品をなんとかオールタイムベストに入れたい→浦賀作品で最も正統派な本作を入れとくか…人格疑われるし…的な感覚なんですきっと。

投稿: まじょ→Cozyさん | 2009/02/23 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27590571

この記事へのトラックバック一覧です: 『彼女は存在しない』 浦賀和宏:

« 『町長選挙』 奥田英朗 | トップページ | 『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』 佐藤友哉 »