« 『カンナ 天草の神兵』 高田崇史 | トップページ | 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 »

2009/01/14

『UNKNOWN』 古処誠二

アンノウン (文春文庫) Book アンノウン (文春文庫)

著者:古処 誠二
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国防最前線に仕掛けられた盗聴器

盗聴器を仕掛けた犯人の目的とは?

メフィスト賞受賞の自衛隊ミステリ

消化すべく再読。知らぬうちにタイトルを微妙に変えて出版社すら変えて文庫化していたとは。個人的に『アンノウン』より『アンノン』の方が好きなんですけれど。ちなみに私が所有しているのはノベルス版なので、もし文庫版に加筆修正があっても対応していないので悪しからず。

この『UNKNOWN』がメフィスト賞を受賞したときに「初の自衛隊ミステリ」ということで一部のミステリスキーの間で話題になったように記憶しておるのですが、いまやミステリを放り出して自衛隊(戦争)モノというジャンルで一旗上げた感のある古処氏。すっかり直木賞候補の常連ですし。申し訳ないことに候補作は一作も読んだことないのですけれど。

本作は、自衛隊内に突如として現れた盗聴器が「いつ、どこで、だれが、なにを、どうやって」仕掛けられたのかを探る物語。ついでに「どうして」も付け加えることもできるかもしれませんが…動機は本人にしか、その組織に所属している人間にしかわからないから省きましょうか。だけど、それにしても、私は本作の犯人を浅はかだと思う。一般の会社(組織)にも往々にしてこういったことはありますが(なんせそれで転職をした私が言うのだから間違いない)だからといって犯罪まで犯すほどのことか?正義ってなぁに?少なくとも、同じ境遇に置かれたことのある私でも、犯人が抱いた動機を理解することはできなかった。

というわけで、本作はロジック重視で読みましょう。「いつ、どこで、だれが、なにを、どうやって」これを常に念頭に置いて。ミステリの難易度は決して高くないので、すぐに犯人の動きはトレースできるかと。ここでポイントとなるのは「いつ」でしょうか。盛大なネタバレになるので遠回し表現ですが、あの瞬間を狙う=既に犯人は自衛隊員ではないと思うんですよね。だから、先程(上記)考察したようなくだらない理由で犯行を犯せる。やっぱり正義ってなぁに?と思ってしまうわけです。

そういえば、『UNKNOWN』に登場するメロンタワーですが、私は高校生のころアレを「たまねぎ」と呼んでおりました。私の見ていた「たまねぎ」がメロンタワーかどうか定かではありませんが、もしそうなら「たまねぎ」の下には最先端レーダー基地が埋まってたのか…格好良いな。そうそう、格好良いといえば基地司令のことを「雲の上の人」ではなく「成層圏に達してしまわれた人」と呼ぶセンスは相当格好良いと思います。

あと、朝香二尉は私の好みど真ん中です♥エリート自衛官♥制服♥♥

|

« 『カンナ 天草の神兵』 高田崇史 | トップページ | 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27106001

この記事へのトラックバック一覧です: 『UNKNOWN』 古処誠二:

« 『カンナ 天草の神兵』 高田崇史 | トップページ | 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 »