« 『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖 | トップページ | 『探偵伯爵と僕』 森博嗣 »

2009/01/28

『トリプルプレイ助悪郎』 西尾維新

トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス) Book トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トリプルプレイのスケアクロウ

一回の盗みにつき三人殺す

維新×流水、JDCトリビュート!!

失踪中に読んだ(らしく)未レビューだった本作。大好きなJDCと西尾維新がコラボしたJDC トリビュート『トリプルプレイ助悪郎』が本作のメニューです。

本作は比較的、西尾維新色の強い作品に出来上がっておりましたね。JDC読んでいる、というよりは西尾維新を読んでいる、と言った方が正しいと思いました。西尾維新らしい遊び心満載。

総著作数53冊、総文字数が一体どのくらいかなんて考えたくもない髑髏畑百足の小説には誤植が一切ない。そんな、完璧人間・緒川○まきもびっくりな髑髏畑百足の最後の小説を廻って、ふたりの娘、執事、編集者、探偵、怪盗が裏腹亭に集まる。『あかずの間』の前に陣取った探偵…にも関わらず、扉は開かれていないにも関わらず、室内で見つかった他殺死体。そして、犯行声明。

果たして怪盗・スケアクロウは如何にして最後の小説を奪っていったのか。もちろん西尾作品ですので、ありきたりな結末は用意されておらず。西尾作品では珍しい(初めての?)「読者への挑戦状」付き。確かに、挑戦状にも書かれているように、殺人事件の真相と最後の小説については解けるかもしれない。けれど、あまりにも堂々と張られた伏線に気付ける読者はどのくらいいるのだろうか。そういえば、石崎幸二氏『あなたがいない島』レビューのときに、このトリックについて言及してますね…まさかお眼にかかれるとは思っておりませんでした単なる冗談だと思っていたので。

今回もオリジナルJDC探偵で登場したのは龍宮のみですか。西尾氏は龍宮がお好き?私は龍宮が大好きです。あぁ、JDC読みたくなってきた。でも、本棚に陣取るあのピンクの背表紙を眺めるだけでやる気が無くなっちゃうんだごめんね龍宮。

人間は誰しも小説の登場人物。けれども、それは、誰かに操られているわけではなく。いつでも、いつまでも、作者は自分で居たいものです。

|

« 『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖 | トップページ | 『探偵伯爵と僕』 森博嗣 »

コメント

依然、よくブログをみさせていただいたものです。

数年ぶりに、読書してみようとおもい、最近たまたまこの本を読んだ折に、昔はよくこのブログを見て、次に読む本を参考にさせていただいたことを思い出したので、書き込ませていただきました。

現在、コメントとかができない(受け付けてない?)みたいなので、古いレビューに対して書き込ませていただきましたので、見られているかわからない、または多くの方が見られるコメントに対して書き込むことに抵抗を感じたのですが、これを機にまた読書してみようかな、と勝手に思い、これからもまた拝見させていただくと思いますので、ゆっくりと更新頑張ってください!

(本作の内容に対して、あんまりコメントできてないので、邪魔になるようでしたら削除お願いいたします!)

投稿: ソキウス | 2013/01/21 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27489357

この記事へのトラックバック一覧です: 『トリプルプレイ助悪郎』 西尾維新:

« 『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖 | トップページ | 『探偵伯爵と僕』 森博嗣 »