« 『ドッペルゲンガー宮』 霧舎巧 | トップページ | 『未完成』 古処誠二 »

2009/01/25

『日曜日の沈黙』 石崎幸二

『ミステリィの館』へようこそ

これから行われる推理イベントでは

来木来人の死にまつわる謎と究極のトリックを

探していただきましょう

消化すべく、なんとか見つけました『日曜日の沈黙』。まさか“本棚に並べなくても良いだろうBOX”にぶち込まれているとは思わなんだ…いや、正しかったのか?

本作では殺人事件は起こりません。『ミステリィの館』と銘打ったホテルの推理イベントがその舞台。イベントの主旨に沿って(偽の)死を迎えてゆくゲストたち。けれど、この死はあくまでも「来木来人の死にまつわる謎」と「究極のトリック」を見つけ出すための鍵にすぎない…石崎&ユリ&ミリアは主催者の用意したダミーの解答にひっかかることなく、真相を手にすることが出来るのか!?

という内容なのですが…まさかこのネタでメフィスト賞受賞できたとは驚き。2作目か3作目でやるようなネタじゃないかと思うのですがいかがでしょう?なぜかラストは小奇麗にまとめちゃって…石崎さんが真顔でそんな甘い台詞吐いたら、笑い死にするわ。

そもそも、石崎さんとユリ&ミリアの出逢いがあんなに唐突なものだったとは。謎を追いかけるうちに意気投合(?)して…という展開ならまだしも、あんな無茶苦茶な逆ナン(笑)状態だったとは。トリアタマが脳内から抹消した事実。

それでも、3人の掛け合いとミステリに対する風刺はデビュー作から変わらず。「おまえ計算速いな。西之園萌絵か」あたりはどこかで読んだ気もしますけれども(高田崇史氏の千波くんシリーズだったように記憶)。上書き保存しちゃうお馬鹿な警部の件なんかが好きです。

とにかく、石崎さんの凄さが全く伝わってこない本シリーズですが、まだまだ読みたいたくさん読みたい。でも、『袋綴じ事件』から『首鳴き鬼の島』まで5年もかかったという前科があるからなぁ…次の新刊は2013年でしょうか?いやいやいや、是非期待を裏切ってくださいね!!

|

« 『ドッペルゲンガー宮』 霧舎巧 | トップページ | 『未完成』 古処誠二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27438566

この記事へのトラックバック一覧です: 『日曜日の沈黙』 石崎幸二:

« 『ドッペルゲンガー宮』 霧舎巧 | トップページ | 『未完成』 古処誠二 »