« 『『クロック城』殺人事件』 北山猛邦 | トップページ | 『あなたがいない島』 石崎幸二 »

2009/01/07

『予告探偵 木塚家の謎』 太田忠司

予告探偵―木塚家の謎 (C・NOVELS) Book 予告探偵―木塚家の謎 (C・NOVELS)

著者:太田 忠司
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バカミス中のバカミス

あの予告探偵が帰ってきた!

KING OF バカミスとして大絶賛させていただきました(笑)『予告探偵 西郷家の謎』の続編です。天に届かんとするほどの徳と神のごとき英知を持った尊ぶべき人間・摩神尊が帰ってきました。折り返しの「著者のことば」が素敵。

ベタなくらい古典的なミステリがお好きな方
腰が抜けるくらいおバカな話でも許せる方
傲岸不遜で傍若無人な探偵に我慢できる方
ワトソン訳がとことん情けなくても大丈夫な方
どうぞ、この本を開いてください

って(笑)もちろん全てに合致する私は開かせていただきましたよ本作を。

前作のネタがあれなので(笑)二番煎じは通用しないとは思っておりましたが、比較的まともな作品がきて逆にびっくり。5つの短篇が収録されておるのですが、そこに少しだけ秘密が…って短篇の題名読み上げるだけで丸判りなのでネタバレにならないですよね、5人の木塚君が登場します。しかし、摩神尊はひとり。摩神尊とは何者なのか?が本作の主題です。

でもまぁもちろんご期待通り、まともな(論理的なと言い換えた方が良いだろうか)結末は用意されておりませんのでご安心を。ちなみに、収録されている5つの短篇=5つの謎(殺人事件)なのですが、こちらもまともな結末は用意されておりません。頁数の都合なのか、推理は非常お粗末です。素材自体は悪くないと思うのですが、全て摩神尊の思いつきで解決してみました…というか、警察がちょちょいと現場検証すれば判ってしまう程度の謎なんですよね。まさに傲岸不遜で傍若無人といった感じ。

なので、あくまでバカミスを読む優しい気持ちで本作を開いてあげてください。そうすれば、「それなりにまともな作品じゃないか」という方向で楽しめるのではないかと。

|

« 『『クロック城』殺人事件』 北山猛邦 | トップページ | 『あなたがいない島』 石崎幸二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/26903427

この記事へのトラックバック一覧です: 『予告探偵 木塚家の謎』 太田忠司:

« 『『クロック城』殺人事件』 北山猛邦 | トップページ | 『あなたがいない島』 石崎幸二 »