« 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 | トップページ | 『さいえんす?』 東野圭吾 »

2009/01/16

『ダブ(エ)ストン街道』 浅暮三文

僕の彼女を見かけませんでしたか?

っていうか、ここはどこですか?

さっきからどうも迷っているような気がするんですけれど

消化すべく再読に勤しんでおります。それにしてもなぜこうもアフィリの表示されない絶版(?)本ばかりなんだメフィスト賞。

というわけで、本日のレビューは第8回受賞作『ダブ(エ)ストン街道』です。メフィスト賞受賞なのにノーミステリオールファンタジーという1作。でも、好きなんだよなぁこの淡々とした感じが。

アトランティスよろしく、謎の大陸として名高いダブ(エ)ストン。どこにあるのか、どうやって行けば良いのか、そこにはなにがあるのか、全ては霧の中。けれども僕はそこに行かなければならないんだ。なぜならそこには僕の彼女が居るから。酷い夢遊病のタニア(彼女)よ、どうか僕が迎えに行くまでそこに居て。本作はそんな物語。

ダブ(エ)ストンに棲む人たち(熊にハンギョジンに王様に、もっこりタイツの英雄に幽霊船に)は皆、生きてから死ぬまで…いや死んでからも迷っていて。五里霧中、一寸先は霧。それはきっと私たちの人生といっしょで。私たちはずっと迷い続けてる。意識してか無意識にかは知らないけれど。

郵便配達員・アップルがすごく好青年で。初読の際、アップルの正体を知ってタニアに逢って…そこに運命を感じました。うん、やっぱり好きだわ『ダブ(エ)ストン街道』もっと評価されても良いと思うなぜに絶版。

個人的には王様とピエールが大好きなんだけれど。頑張れピエール絨毯巻き取れ巻き取れ!!あと蝶ネクタイ熊さんも好きよ。ガオー!!

ゆるゆるしたいときにお薦めの1作。念押ししますが、

メフィスト賞受賞作ですが全くミステリではありませんのでご注意ください。

|

« 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 | トップページ | 『さいえんす?』 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27171061

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダブ(エ)ストン街道』 浅暮三文:

« 『誰が疑問符を付けたか?』 太田忠司 | トップページ | 『さいえんす?』 東野圭吾 »