« 『未完成』 古処誠二 | トップページ | 『トリプルプレイ助悪郎』 西尾維新 »

2009/01/27

『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖

火村英生に捧げる犯罪 Book 火村英生に捧げる犯罪

著者:有栖川 有栖
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは火村英生に捧げる犯罪だ

とっておきの探偵に

きわめつけの謎を

ようやく読むことができました火村&アリスシリーズの新刊『火村英生に捧げる犯罪』。タイトルは秀逸、内容は…有栖川作品に多いですよねタイトルが秀逸すぎてパターン。

8つの短篇・掌篇が収録された本作。趣向やトリックは様々。これまでの短編集以上にバラエティに富んだ1作だったことは間違いなし太鼓判を押します。

個人的に好みだったのは「あるいは四風荘殺人事件」。これもまたタイトルが秀逸。「あるいは」が良いですよね、「あるいは」が。内容もまた趣向が凝らされていて。アリス&片桐の癒し系コンビが火村の元に持ち込んだ、とある殺人事件。まるで推理小説のように閉ざされた山荘で、まるで推理小説のように雪密室に彩られた謎を、まるで推理小説のように“名探偵”と“警部”が手を組んで解決する…はずだったのだが。長編でもいけるんじゃないかと思った本作、館モノと呼ぶのが相応しい、有栖川作品初の館モノか!?

あとはやっぱり掌篇が好きで。有栖川氏の作品は短ければ短いほど良いなぁ(失礼発言)「鸚鵡返し」が良い。そんなしょーもないトリック仕掛けるなよ(笑)と犯人の肩に手を置きたくなる1作。「悪意と善意の顛末」はタイトルが好き。内容は…コナソの2時間スペシャルかと思った(こんな阿呆な犯人居たんだ、の意)1作。

では、短篇はと言いますと…「長い影」は綺麗にまとまってましたね動機が自然。時効の停止なんていう社会派(?)ネタを有栖川氏が書くとはおもっておりませんでした。社会派とうよりベタネタか?そして表題作「火村英生に捧げる犯罪」と「殺風景な部屋」ではアリスが活躍。茅野&森下に密かに莫迦にされるアリスが可哀想ですが(ただし、すべて真実)火村がアリスを連れまわすのには何か理由があるはず。きっとたぶんね。

というわけで、タイトルがなによりも秀逸だった本作。有栖川作品は掌篇が大好きなんだけれど…たまには長編が読みたい。国名シリーズで長編、いっちょよろしくお願いします。

|

« 『未完成』 古処誠二 | トップページ | 『トリプルプレイ助悪郎』 西尾維新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/27489286

この記事へのトラックバック一覧です: 『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖:

« 『未完成』 古処誠二 | トップページ | 『トリプルプレイ助悪郎』 西尾維新 »