« 『蒼い千鳥 花霞に泳ぐ』 高里椎奈 | トップページ | 『カンナ 飛鳥の光臨』 高田崇史 »

2008/11/19

『タイムスリップ明治維新』 鯨統一郎

タイムスリップ明治維新 (講談社文庫) Book タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)

著者:鯨 統一郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1860年にタイムスリップしてしまった女子高生・うらら

うららが現代に帰る方法は唯一つ

明治維新を成立させること

『タイムスリップ森鴎外』を読むことなしにいきなり読んでみました『タイムスリップ明治維新』…まさかキャラクタ引継ぎのシリーズモノだったとは。でも大丈夫、この時代は私のストライクゾーンだから♥(なにが大丈夫なのかさっぱりわからん)

「新撰組が好き♥」とか言うともう腐女子丸出し、似非歴史スキーだと罵られても好きなんだもんしょうがないじゃんと開き直り。まぁ、本作は主題が明治維新なので新撰組は脇役扱いせざるを得ないのですが。歴史を正しに行ったのに、新撰組(幕府)勝たせちゃったらどうしょうもない。

というわけで、1860年から明治維新が成るまでの8年間を駆け抜ける1冊。なので、もちろん内容は薄いです。要所要所は押さえてありますけれども。しかし、本作のメインテーマ「明治維新の黒幕は誰なのか」でございますが…『邪馬台国はどこですか?』の宣伝じゃないですか!?いや、コロコロと自説を変えても困るのですが。それにしたって(苦笑)

でも、歴史の本流支流の概念やヒストローム値なんかはなかなか練りこまれていて面白かったです。リンカーンが日本にやってきたりするとだだ上がりするヒストローム値。なんかもう10超えててもおかしくないじゃないかと思ったり思わなかったり。

明治維新って何ね?教科書なんてロッカーロッカー。なにこのミミズ文字下手くそ!という方は是非本作で楽しく歴史を学んでいただけたら。歴史は楽しむのが一番。某高田氏のQEDはどうも読めんという方はこちらを。

本作を読んで中村半次郎の高感度だけが妙に上がったことだけ、ここに記しておきます。

|

« 『蒼い千鳥 花霞に泳ぐ』 高里椎奈 | トップページ | 『カンナ 飛鳥の光臨』 高田崇史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/25460322

この記事へのトラックバック一覧です: 『タイムスリップ明治維新』 鯨統一郎:

« 『蒼い千鳥 花霞に泳ぐ』 高里椎奈 | トップページ | 『カンナ 飛鳥の光臨』 高田崇史 »