« 『白兎が歌った蜃気楼』 高里椎奈 | トップページ | 『もう誘拐なんてしない』 東川篤哉 »

2008/11/01

『ダリの繭』 有栖川有栖

ダリに心酔し、ダリを愛した男が死んだ

象徴であるダリ髭までもが消え

火村は幻想から真実を救い上げることができるのか?

「ダリ?誰それ?」という方(あまりいらっしゃらないと思うが)も、表紙を見れば一目瞭然の素晴らしさ。

異質な殺人現場。けれど、残された謎は至ってシンプル。誰がダリ社長を殺したのか?

新情報が出るたびに、新証言が出るたびに、二転三転する犯人候補。正直、捜査陣が踊らされている感が強かった。ひとつひとつ可能性を潰していって、最後に残ったものが真実。しかし、残された真実は“あの有名な台詞”のように意外性のあるものではなく。

本作には理論の飛躍はありません。最後に火村に舞い降りた夢のお告げ(?)は飛躍と呼べるほどのものではないです。関係者の誰でもないのなら、殺人を計画した者はもう彼しか居ないのです。最後の最後まで事件の筋が読めない(読ませない)作品。それが私のこの作品に対する評価です。

やっぱり作家アリスは短編の方が好きです。正直長かった。それでも最後まで読めたのは火村♥アリスの新婚さんごっこのお陰でしょうか()新婚さんネタ多すぎだろうよ。

|

« 『白兎が歌った蜃気楼』 高里椎奈 | トップページ | 『もう誘拐なんてしない』 東川篤哉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/24877755

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダリの繭』 有栖川有栖:

« 『白兎が歌った蜃気楼』 高里椎奈 | トップページ | 『もう誘拐なんてしない』 東川篤哉 »