« 『パラダイス・クローズド』 汀こるもの | トップページ | 『探偵小説のためのエチュード「水剋火」』 古野まほろ »

2008/11/12

『本当は知らない』 高里椎奈

本当は知らない<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫) Book 本当は知らない<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)

著者:高里 椎奈
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネットから消えた人々を追うシャドウ

病院から消えた人々を追う座木&リベザル

ふたつの道が交わったとき…その先に居るのは秋

薬屋シリーズ、タイトルに色の付いていない作品は異色作。「どうして本作が異色作なんだ?」と思考して…そうかこれはミステリじゃないんだ。そう思ったら「本当は知らない」と言った秋の裏が読めたような気がした。

あくまでそんな気がしただけだけれど

シャドウの追う道、座木&リベザルの進む道。ふたつの道が交わる過程はミステリらしい美しさ。シャドウと座木の会話が噛み合わないところなんて笑みが。

本作は薬屋シリーズ主要キャラ全員集合で、総和なんて無理矢理登場させた感満載。それでも直也の再登場と、秋&ゼロイチ&剴&斯波の妖怪(悪魔)仲良しっぷりは嬉しかった。

そんでもって秋の「本当は知らない」発言。そうするに人間が妖怪を利用したのか、妖怪が人間を利用したのかってことなのだけれど。本作は色の付かない異色作。一応私は薬屋シリーズにミステリを求めているのであって、これまでの色の付いた薬屋シリーズでは人間の犯す罪(殺人)を援護する形で妖怪が登場…あくまで妖怪は人間との共存を目指しているんですよ汚いのは汚れているのは人間なんですよというスタンスで作品が書かれていると思っていたので…本作はいつもの逆、妖怪が人間を利用したってことなのではないかと思ったり。だからこその異色作ってことで、どうでしょう?

そういえばなぜだか急に、警察を辞めた葉山のその後を思い出しました。この後の作品も読了した過去がある模様。本作、あまりに始めましての展開だったので、ちょっと心配になったんです。

|

« 『パラダイス・クローズド』 汀こるもの | トップページ | 『探偵小説のためのエチュード「水剋火」』 古野まほろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/25207228

この記事へのトラックバック一覧です: 『本当は知らない』 高里椎奈:

« 『パラダイス・クローズド』 汀こるもの | トップページ | 『探偵小説のためのエチュード「水剋火」』 古野まほろ »