« 『俺が俺に殺されて』 蒼井上鷹 | トップページ | 『笑う警官』 佐々木譲 »

2008/10/23

『緑陰の雨 灼けた月』 高里椎奈

緑陰の雨 灼けた月<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫) Book 緑陰の雨 灼けた月<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)

著者:高里 椎奈
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高飛車な女子高生が持ち込んだ依頼を

解決すべく乗り込んだ高校で

秋&座木が遭遇する新たな事件とは?

薬屋シリーズの中では本作がベストかも!

間違いなく再読なのに、全く内容覚えていないので冒頭語尾は「かも!」です悪しからず。でも、本作『緑陰の雨 灼けた月』は良かった好きです。

車道の片割れ高飛車女子高生が本作の依頼人。彼女の身に突然降りかかった怪異を取り除くのが今回の仕事のはずが…怪異の原因を探りに潜入した高校でサラサラが行方不明に!?

と、なるべくネタバレにならないように書いてみました。本作の主題は“関係”だと思うんですよね。秋&座木、リベザル&柚之助、クルクル&サラサラ、そして車道。その“関係”は信頼であったり友達であったり幼なじみであったり。人間(妖怪)が2人居れば、そこにはなんらかの強弱があり、なんらかの感情が生まれる。片方が一方的に終わらせて良いものではない。そんな“関係”をいろんなエピソードを交えて饒舌に教えてくれる、そんな1冊。

それにしても、座木の秋に対する“信頼”は相当ですね。育ててもらった恩以上のものを感じます。こんな風に無条件に、いついかなるときも、絶対の“信頼”を預けることのできる相手。凄いですねちょっと考えられません。秋が座木に与える“きく薬”のエピソードは圧巻です。このエピソードだけでも本作を読んだ価値があったというもの。

ミステリとしてもなかなか。今回は「真相よく解らない状態」に追い込まれることなく読了できました。事件はふたつ起こりますが、どちらも納得の解決です。本筋(依頼人)の事件の方が簡単なのはいただけませんが(笑)「犯人、こいつしか居ないだろ」状態です…伏線が巧く張れていたが為と好意的に言い換えることと致します。

とりあえず、暫定ベストが出たことでまだまだ読み続けられる。第一部(?)完結まで頑張るぞ!

|

« 『俺が俺に殺されて』 蒼井上鷹 | トップページ | 『笑う警官』 佐々木譲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/24703254

この記事へのトラックバック一覧です: 『緑陰の雨 灼けた月』 高里椎奈:

« 『俺が俺に殺されて』 蒼井上鷹 | トップページ | 『笑う警官』 佐々木譲 »