« 『復讐者の棺』 石崎幸二 | トップページ | 『ST 桃太郎伝説殺人ファイル』 今野敏 »

2008/09/01

『ST 為朝伝説殺人ファイル』 今野敏

ST 為朝伝説殺人ファイル (講談社ノベルス) Book ST 為朝伝説殺人ファイル (講談社ノベルス)

著者:今野 敏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふたつの大島で起きたダイビング事故と為朝伝説との関係は?

警視庁科学捜査班-通称STが新たな謎に挑む

『果断 隠蔽捜査2』が山本周五郎賞と日本推理作家協会賞と…あとひとつはなんだっけ?とにかくトリプル受賞を果たしてからというもの、いろんな書店で見かける今野敏フェア。まじょ。のその時流に乗っかり(笑)手に取ったのがこの「ST」シリーズ。文庫化済の第1部第2部は失踪中に読了し、第3部とも云える『ST 為朝伝説殺人ファイル』が今日のメニューです。

このブロ愚で「ST」シリーズを扱うのは初めてなので、少しSTの面々をご紹介。多様化する犯罪に対応すべく、刑事の勘に科学捜査の力をドッキングすることを目的に設立されたのが警視庁科学捜査班-通称STでございます。そのSTの面々、兎にも角にも曲者揃い。

STのリーダーたる赤城左門は法医学の専門家。セクシーな無精髭を生やし、「漢たるもの一匹狼でなければならぬ」が持論にも関わらず、周りに人を集めてしまう女性(人間)恐怖症。そして、臨床心理の専門家にしてプロファイラー青山翔。男でも目を止めてしまうほどの美少年にして毒舌家…なのに秩序恐怖症。さらに、男なら目を止めずにはいられないSTの紅一点・結城翠。彼女が着る露出の激しい衣装は、閉所恐怖症の現れ。彼女は人間には聞こえないはずの犬笛すらも聞き取る奇跡の耳を持つ。そんな翠と共に“人間嘘発見器”と呼ばれる黒埼勇治。黒崎は「人間ガスクロマトグラフィー」の異名を持ち、どんな匂いも嗅ぎ分ける。いくつもの武術をマスターし、必要なこと以外は口を開かない。まさに日本の漢。そんな黒崎とは裏腹に、STのキャップたる百合根の話を唯一聞いてくれるのが、実家が曹洞宗の寺で自らも僧籍を持つ山吹才蔵。殺人事件の現場で彼が経を唱え始めれば、誰もが作業の手を止め、神妙な面持ちになる。

とまぁ、すごい行数使って紹介してみましたが…とりあえず解るのはこの「ST」シリーズはキャラ萌え小説だってことですキャラ萌え小説に見せかけた本格ミステリだってことです(ちょっと突飛だけどそう云えないこともないと思う…たぶん)

んで、今回の『為朝伝説殺人ファイル』なんですが…すっかり旅小説になっちゃってました。私、嫌いなんですよねぇ…「取材費が出たので行ってきました観光!もちろん、作品に還元させていただきますよ。ぐふぐふふ」的小説が。今回の『為朝伝説殺人ファイル』はかなりそんな匂いがしました。黒崎でなくても嗅ぎ分けられる程に!

為朝伝説の方は某QEDシリーズで慣らした私にとっては可愛らしいものです。まさにこれくらいがエッセンスよね。歴史薀蓄本にエッセンスとしてミステリ混ぜてみました、じゃ駄目よねやっぱり。

まぁ、腐女子としては今回も青山のプロファイリングが役に立って良かったです、はい。(えっ?ミステリ部分のレビューってこれだけで終わり!?)

とりあえず、手元に次巻の『桃太郎伝説殺人ファイル』があるのですが…このままの勢いで読んでしまおうか何か間に挟もうか悩み中です。だって、また同じような「取材費が出たので」小説だったら嫌だ。

|

« 『復讐者の棺』 石崎幸二 | トップページ | 『ST 桃太郎伝説殺人ファイル』 今野敏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23386690

この記事へのトラックバック一覧です: 『ST 為朝伝説殺人ファイル』 今野敏:

« 『復讐者の棺』 石崎幸二 | トップページ | 『ST 桃太郎伝説殺人ファイル』 今野敏 »