« 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 森博嗣 »

2008/09/07

『氷菓』 米澤穂信

氷菓 (角川スニーカー文庫) Book 氷菓 (角川スニーカー文庫)

著者:米澤 穂信
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やらなくてもいいことなら、やらない

やらなければいけないことなら手短に

米澤穂信が描く、省エネ青春小説

通勤本としてチョイスした本が面白くって、以下略。篠田真由美女史の御本は本日も読了できず合掌。

もちろん今回も「あれ?古典部って省エネだっけ?小市民だっけ?」というお約束からスタート。どうやら省エネだった模様。高校生活といえば薔薇色、けれど主人公たるホータローのは灰色。そんな記述を読んで自分の高校生活は何色だったのかと振り返ってみる…鈍色?ってそれ限りなく灰色!!

本作『氷菓』は短編としての体裁も整えつつ、主軸に千反田えるの想い出と古典部文集「氷菓」の謎を据えて。「氷菓」の謎については、個人的には「スケールちっちゃ!?」と思ったり思わなかったり。だって、あれだけ材料揃えば想像できるでしょ。それよりも、あれだけの材料を彼らが集めてきたことが凄い。その執念が凄い。

その点、「愛なき愛読書」の謎は良し。推理の材料と、導き出された着地地点が離れれば離れるほどグッとくる。っていうか、もっと他に描くものなかったんかい。

そうそう、里志の立て板に水話法は好きです。「桁上がり四名家」なんて相当洒落てる。でも、こんな高校生居ないですよね居るんですか?このあたりに違和感を感じるあたり自分が歳をとった証拠だと思ってます。この作品を中学生くらいの歳に読んだなら、きっと自分も高校生になればこのくらいの言い回しができるようになるんだと勘違いしたんだと思います。若いって良いねやっぱり私の学生時代は鈍色…。

古典部の次の新刊はいつかな~?と米澤氏のHPを確認したのですが…予定情報が更新されている気配がない。ちなみに最も熱望しておりますのはS&Rの新しい事件なんですけれども。

|

« 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 森博嗣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23496264

この記事へのトラックバック一覧です: 『氷菓』 米澤穂信:

« 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 森博嗣 »