« なにそのラインナップ | トップページ | 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 »

2008/09/05

『超・殺人事件』 東野圭吾

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫) Book 超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

直木賞作家・東野圭吾が

日本推理作家協会除名覚悟で挑んだ(笑)

超問題作!!

私のショヒョックスがいつも酷評モードとは限りません(笑)

「何度目だ、ナウ○カ」ばりに、通勤のお供として重宝しております東野圭吾氏のブラックユーモア系。本日のメニュー『超・殺人事件』です。

個人的に大好きなのが「超理系殺人事件」。“この小説が肌に合わない方は読み飛ばして下さい”なんて潔さに惚れる。しかも、それが伏線となり、ラストに回収される手法と云ったら貴方!さらに惚れる。あっ、超文系の私はもちろんあっさり読み飛ばしです。半分どころか1割も理解できない。

「超犯人当て小説殺人事件」も好き。これは、ミステリとしても秀逸ですよね。2度美味しくいただけます。ラストのブラック加減が秀逸。

あとは…過剰なブラックユーモア(○笑小説系の)を求めると、ちょっと期待はずれですよね、本作。なんだろう、ミステリとユーモアは両立し得ないというか。対極にあると思うんですよ。ミステリスキーはミステリミステリした重厚な作品を求める傾向があって、その呪縛から逃れることができないというか。同じミステリとユーモアの両立を目指した作品であっても、東川篤哉氏や石崎幸二氏の作品を読むのとは少し違うというか。巧く表現できなくてすみません。

とにかく、私のショヒョックスは酷評モードに合わせられていることが多いですが、たまにはおべんちゃらモードも使わないと壊れるかしら?あとは京極作品をぶち込んでおいたので、そろそろあらすじが出来上がってるかもしれないな、とか(笑)

|

« なにそのラインナップ | トップページ | 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23443072

この記事へのトラックバック一覧です: 『超・殺人事件』 東野圭吾:

« なにそのラインナップ | トップページ | 『ALONE TOGETHER』 本多孝好 »