« 『ラットマン』 道尾秀介 | トップページ | 祝・映画化 »

2008/09/13

『工学部・水柿助教授の解脱』 森博嗣

工学部・水柿助教授の解脱 Book 工学部・水柿助教授の解脱

著者:森 博嗣
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元助教授作家、突然の断筆宣言

その真相が知りたければ…

これを読め!!

実は昨日までにお届けしたレビューの全ては、先週のうちに書き終わっていたものでした。そして、この『工学部・水柿助教授の解脱』は正真正銘本日書いたレビューでございます。ということで…

読むのに1週間かかった○作

○にはお好きな文字を入れてくだされば。昨日、2時間の長風呂に入らなければきっとまだ読み終わっていなかったと思う。というか、一生読み終わらなかったと思う。作中にもありましたが、読者を怒らせる小説ってのは難しいですね。だって、読むの止めるもん普通。

というわけで、帯に書かれている「断筆・引退宣言の真相がここに!?」はJAROモノ(嘘・大げさ・紛らわしい)です。あぁ、「?」だけは合っているかもしれないなぁ。

とにかく眠くなる。履歴書の特技欄には「いつ、どこでも寝られる」と書くようにしている私ですが(本当です)それにしたって1頁読みきれずに寝てしまった本は初めてかもしれない。本を開いて、一度も頁を捲ることなく、そのまま本を閉じる…読了までに288日かかるね!

とりあえず、森先生水柿助教授の元に一生かかっても使い切れないくらいの大金があることだけは解りました。超微力ながら私もそのお手伝いができたことを嬉しく思います。でもね、森先生にそんな気はないことは解っているんだけど、自慢なんかじゃなく本当に使い切れなくて困ってるんだと思うんだけど、わざわざ出版物にそんなこと書かなくても良いじゃん?って思っちゃいますよね。

水柿助教授と須摩子さんの語らいは面白いです。真似しようと思ったって真似できない。そんな唯一無二があるから、読むのに1週間かかった○作でも最後まで読めたんだと(読み終わるまでお風呂から出ちゃいけないんだから作戦は決行されましたが)思います。もう水柿シリーズも出ないだろうしね。

|

« 『ラットマン』 道尾秀介 | トップページ | 祝・映画化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23696834

この記事へのトラックバック一覧です: 『工学部・水柿助教授の解脱』 森博嗣:

« 『ラットマン』 道尾秀介 | トップページ | 祝・映画化 »